【保存版】美容室の内装工事の費用はどのくらい?5つ事例ご紹介!工務店施工で安く抑えるコツも

美容室を開業する際に気になるのが内装工事の費用です。
坪単価いくらかかるのかが分からないと、開業にかかる全体の予算を決められません。
また、工務店施工でコストを抑えたい場合もどの店舗を選んでいいのか迷うことも多いです。
今回は美容室の内装工事の費用や内装の5つの事例などをまとめて解説します。

内装工事の費用は美容室の何によって決まるのか?

美容室の内装工事の費用について解説します。

美容室の内装工事費用はどのくらい?費用は広さで決まる?

美容室の内装工事費用

美容室の内装工事費用は坪単価×坪数で計算します。
業者ごとに坪単価が違いますが、計算方法は同じです。
美容室の坪単価はだいたい20万円から40万円くらいのところが多いです。

しかし、最近は材料費の高騰や職人を手配する人件費が上がったことでそれよりも高くなることも良くあります。
最近の相場は40万円から60万円前後くらいまで上昇しています。
美容室の内装工事の費用は広さによって変わります。
例えば坪単価40万円の場合なら、10坪で400万円の工事費用が必要です。
この金額にはシャンプー台やセット椅子などの備品の費用は含まれていません。

内装工事費は新築・居ぬき・改築によっても変わる?

内装工事費用の違い

美容室を開業する際、新築、居ぬき物件、改築などそれぞれ内装工事の費用が変わってきます。
新築は新しく建物を造ることですが、居ぬき物件は譲られた形で設備や内装が残っている状態の物件になります。
改築は建物を全部か一部取り壊して新しく造り変える物件のことです。
居ぬき物件は3つの物件の中で一番坪単価が安いです。
新築と居ぬきの中間の坪単価になるのが改築になります。

美容室の内装工事費用を安く抑えるポイント3つ

美容室の内装講師を安く抑えるポイント3つを紹介します。

ポイント1.複数の業者に見積もりを出してもらう

見積り

業者によって坪単価は違うため、内装工事を依頼する業者を選ぶ際には複数の見積書を比べるのがおすすめです。
ほとんどの場合は見積りは無料なので、事前に工事費用を確かめたりどんな業者なのかを調べておきましょう。

ポイント2.居ぬき物件を選ぶ

居ぬき物件

内装工事費用をできるだけ抑えたいなら、もともと美容室だった居ぬき物件を選ぶのもおすすめです。
美容室の居ぬき物件なら、シャンプー台などの設備をそのまま使えることも多いため、事業が軌道に乗るまでは中古の備品を使って初期費用を抑えることもできます。

ポイント3.内装工事を工務店に依頼する

工務店に内装工事を依頼する

内装工事を地域密着型の工務店に頼むと、少し費用が安く抑えられることが多いです。
工務店はハウスメーカーや設計事務所よりも内装工事費用が安い場合が多いだけではなく、アフターサービスが充実しているケースも多いのがメリットです。

内装工事の費用事例5選!坪当たり30~40万円くらいが相場か

内装工事の業者ごとの坪単価の費用事例5選を紹介します。

1.東京都渋谷区の15坪の美容室の内装

blink

引用:blink

こちらの美容室は東京都渋谷区の美容室です。
コンクリート打ちっぱなしの壁に、モルタル仕上げになっている天井が特徴的です。
こちらの業者は坪単価20万円から200万円でした。

(参考:店舗デザイン.COM

2.静岡市の103坪の美容室からエステ、ネイルサロンなどの揃った複合施設

こちらの店舗では美容室だけでなく、エステやネイルサロンもやっているようです。
敷地も広く、103坪もあります。
こちらの業者の坪単価は40万円から80万円で、内訳には設計料も含まれています。

(参考:店舗デザイン.COM

3.静岡市の22坪の美容室の内装

こちらも静岡市の美容室です。
坪単価は設計料込みで40万円から80万円でした。

(参考:店舗デザイン.COM

4.静岡県富士市の43坪の美容室の内装

こちらは静岡県富士市の美容室の内装です。
坪単価は設計料込みで40万円から80万円の業者です。
業者を選ぶ際には建築設計ができるのかを事前に確認しておきましょう。

(参考:店舗デザイン.COM

5.大阪府茨木市の24坪の美容室の内装

sup

引用:sup

こちらは大阪府茨木市の美容室の内装です。
坪単価は15万円から35万円で設計費・施工費込みでした。
地域によっても坪単価の相場は変わってくるため、美容室を開業する土地の単価を事前に調べるのがおすすめです。

(参考:店舗デザイン.COM

美容室の内装を頼む工務店の選び方とは?

美容室の内装を頼む工務店の選び方のポイントについて解説します。

工務店を選ぶときのポイントは?

工務店を選ぶときのポイント

工務店を選ぶポイントは次の通りです。

  • 工務店の事業内容を調べる
  • 内装工事が得意な工務店を選ぶ
  • アフターサービスが充実している工務店を選ぶ

以上の3つが大切なポイントです。
工務店の業務内容は幅広く、店舗によっては施工のみ行っていたり、下請け専門のところがあります。
まずは、設計と施工の両方を行っている工務店を探しましょう。

工務店の事業内容をホームページなどで調べる際、内装工事が得意な業者を探すのも大切です。
また、工務店はアフターサービスが充実している店舗が多いのですが、その中でも違いがあるためサービス面での下調べも必要です。

悪質な工務店に注意!

悪質な工務店に注意

工務店に限らずどの業種にも悪質な業者はいます。
工務店を選ぶときには、手抜き工事をしたり不誠実な対応をするような業者を選ばないように事前にきちんとチェックしましょう。

最後に:美容室の内装は工務店選びが重要になる

美容室の内装は工務店選びがとても重要です。
工務店を選んだ時点で内装の良し悪しのほとんどが決まっていると思って下さい。
それくらい重要なポイントなので、業者を選ぶときは慎重に下調べをすることが大切です。
美容室の内装工事を依頼する際は、複数の業者をしっかり見極めて選びましょう。

さらに、KAMIUの[email protected]なら人気記事を3分でいっきに読めます!

  • ・業務用ブリーチ「23種」徹底検証&ランキング
  • ・業務委託サロンの収益シミュレーションやってみた
  • ・美容室ディーラーさんが美容室を開業して29店舗展開している話

など限定記事を含めた配信を行っております!
友達追加してすぐに読めるので、お気軽に[email protected]ご登録お願いします!各種ご相談も承っております♪

友だち追加

 

物件内装・リフォーム
KAMIUをフォローする
KAMIU [カミーユ]

コメント