[コロナ関連_助成金]7月14日から開始した「家賃支援給付金」を徹底解説!フリーランス美容師も対象か?確認してみた

どうもKAMIUです。コロナ持続化給付金に続き、7月14日より申請受付が始まった家賃支援給付金。
既に申請された方もいると思いますが、まだの方はぜひご参照ください。

家賃支援給付金の対象者とは?

経済産業省の対象者欄を見ると、フリーランスも対象になっています!

 

出典:経済産業省

ただし、対象者でも給付をもらうには条件があります。

給付金がもらえる条件は?

対象者の方で、下記①②すべてを満たす事業者が給付金をもらえることができます。
①5月~12月の売上高について、いずれかにあてはまること
・いずれか1ヶ月の売上が、前年の同じ月と比較して50%以上減っている
連続する3ヶ月の売上合計が、前年の同じ期間の売上合計と比較して30%以上減っている

出典:経済産業省

②自らの事業のために占有する土地・建物の賃料を支払いをしていること

※具体例や例外については、こちらのポータルサイトより確認いただけます。
家賃支援給付金

給付される金額は?

法人か個人事業主か、月の支払い賃料によって金額や上限が異なります。

出典:経済産業省

申請に必要な書類は?

必要な書類は、下記5項目

誓約書はポータルサイト内にフォーマットがあり、その他契約の内容や事情によって必要書類は様々なので、詳しくはポータルサイトより確認してみてください。
1.自署の誓約書
2.売上に関する書類
・確定申告書大一表の控え
・所得税青色申告書の控え(※月別売上の記入のある2019年分の控えお持ちの方)
・受信通知(※e-taxで申告をおこなっている場合のみ)
・申請にもちいる売上が減った月・期間の売上台帳など
3.賃貸借契約に関する書類
・賃貸借契約書の写し
・直前3ヶ月の賃料の支払い実績を証明する書類(通帳の写しなど)
4.口座情報に関する書類
5.本人確認書類

フリーランス美容師なので、賃貸契約書がない場合の申請は?

フリーランスで面貸し利用の場合には、賃貸契約書を結んでない場合のほうが多いですよね。。
確認したところ、給付に必要な書類が準備できない場合について、例外がありました!
■「契約書が存在しない場合」以下の書類で申請可能です。
・下記証明書
・直近3ヶ月の賃料支払実績を証明する書類

その他、申請者が賃貸借契約書の賃借人等の名義と異なる場合なども特例として申請可能なので、
対象ではないかもと諦めていた方も、特例を一度確認してみてください。

準備する書類について:家賃支援給付金の必要書類
必要な書類が準備できない場合:家賃支援給付金の特例一覧

申請方法は電子申請のみ?

必要書類をスキャン等で取込み、ポータルサイトからの電子申請が基本。
郵送での申請は受け付けていないそうです。

出典:家賃支援給付金

電子申請が困難な場合には、完全予約制の申請サポート会場での申請も可能です!
申請サポート会場において、補助員が電子申請のサポートをしてくれるそうです。
申請サポート会場の検索はこちら:家賃支援給付金

事前予約必要書類の事前印刷が必要となりますが、電子申請が不安な方はこちら利用されるのも安心ですね。

特例や今後対象者が拡充の場合も

電子申請のポータルサイトには、法人・個人事業主どちらにも2020年1月~2020年3月に開業した事業者も給付の対象にする方向で検討中と記載があります。
準備が整い次第、公表するとのことなので、できる限り早く公表してほしいですね。

各地で感染者数が増え、心配な状態が続きますが、感染症対策を緩めることなく乗り越えたいですね。

コメント