[コロナ関連_助成金] 「雇用調整助成金」休業の人件費を9割補助、パートタイムなどの労働者も対象拡大に。

どうもKAMIUです。先日お伝えした雇用調整助成金の適用範囲・補助率が大幅に増額&広がりましたのでご紹介致します。

そもそも雇用調整助成金とは?休業時の人件費を保証する助成金

そおもそも雇用調整助成金とは「景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に助成される」制度になります。

今回のコロナ危機の影響で「適用範囲の拡大」「補助率の増額」が4月1日から実施されております。

4月1日~特例措置の拡大が決定。かなり幅広く使えるように。

4月1日から適用すると発表されたのが下記の内容です。


■緊急対応期間:4月1日~6月30日まで
■事業主:新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主(全国・全業種)
■生産指標:1カ月で5%以上低下
■対象:雇用保険被保険者でない労働者の休業も助成金の対象に含める
■助成率:4/5(中小)、2/3(大企業)。解雇等を行わない場合は9/10(中小)、3/4(大企業)
⇒中小企業の助成率は90%、解雇などを行うと80%

雇用調整助成金に関する問い合わせ先などはこちらからお願いします。
賃料、広告費などの助成金もあれば本当に安心出来るんですが。。。

以上、雇用調整助成金に関する紹介でした。

日々政府からの助成金や融資施策が増えております。
都道府県によっては無利子で500~1000万円の融資などもでてきているので是非探してみてください。

■関連記事
【調査】未曾有の「コロナ危機」。それでも、ホットペッパービューティーは値下げしないのか?リクルート海外子会社の状況を調べてみた。

コメント