【11Lv新発売】明るい白髪染めの決定版かも?ヒカリナスの褪色を検証してみた

急激に拡大している明るい白髪染めニーズ…
しかし現場ではこんなお悩みありませんか?

よく聞くのがお一人でやられてるサロンだと、ハイライトでブリーチをするのは手間な上に、施術時間が伸びて予約枠に影響がでてしまう。

次回にハイライト部分を繋げるのも面倒だし、髪に負担がかかるのでできるだけやりたくないという声も。

ファッションカラー加減法や白髪ぼかしのmix対応も、思ったような明るさと染まりのバランスにするのが難しいという声も多くあります。

そんな悩みを解決してくれるカラー剤がムーランエムーランにあるんです!!
ここからは明るい白髪染め対応の「ヒカリナス」を紹介します。

今なら無料お試しセットが貰えるので、気になる方はこちら

白髪をキレイになじませながら明るさと透明感を楽しめるベージュカラー「ヒカリナス」をご紹介!

ヒカリナスは明るい白髪染めが単品でシンプルにできるヘアカラー。
特徴は主にこの3つ!

  1. Mixもブリーチも不要!
  2. 明るさとなじみを両立!
  3. アルカリ30%カット!※1

ブリーチ力に頼らずに透明感のある色味を実現できるため、アルカリ30%カットを実現しているんだとか。※1 当社比(リフトベージュは除く)

キューティクルへの負担が少ないことで、染料やうるおい成分の流出が抑えられ、褐色しにくく、繰り返しによるダメージも軽減できます

ヒカリナスにはどんなカラーがある?

こちらがカラーラインナップです。
これまでの7.9Lvのラインナップに11Lvが追加されたことでより明るく、より透明感を楽しめるようになりました!

11Lvまで単品で対応できるヒカリナスは、文頭で紹介したお悩みを解決し、簡単&シンプルに明るい白髪染めが可能になります。

悩んでいる美容師さんが多いだけに、これはうれしいですね。

2024年1月には待望のスモーキーベージュとピンクベージュも発売予定!
今人気のカラーが揃って登場するので今から楽しみですね~。

ヒカリナスの明るい白髪染め事例をご紹介!

ここからは、ヒカリナスの中でも明るい白髪染めに対応した2つのカラーを見ていきましょう!

ナチュラルベージュ

染料に潜ませたラベンダーのトーンアップ効果で新生部と既染部が綺麗につながってますね。

ツヤを感じるまろやかなナチュラルベージュは秋だけでなく一年通してオススメしやすそうなカラーです。

マットべージュ

白髪率の高い方の白髪ぼかしも、自然に馴染んでますね。
のちに生えてくる新生部が目立たないほど自然なので、プリンに悩む方にもおすすめしやすい!

これまでファッションカラー加減法で対応していた仕上がりが単品で簡単に再現できるという点は、お客様の満足度も、現場の生産性も両方高められるので取り入れない選択肢はなくなりそうです・・・!

気になる検証!ファッションカラー加減法とヒカリナスを比較してみた!

ここまでヒカリナスの魅力について紹介しましたが、こんないい商品、KAMIUとしては実証してもらわないと納得できません!(笑)
ということで恒例の毛束検証を行っていただきましたー!

今回比較するのはファッションカラー加減法(イロリド13Gr:8N:6N=10:10:1)とヒカリナスのナチュラルベージュです。

まずは比較する2つの毛束を用意します。

左がヒカリナスのナチュラルベージュです。

この毛束を1ヶ月経過相当シャンプーしてもらいます。
合計30回しっかり洗っていただきました!

気になる結果はこちら!

シャンプー前とシャンプー後を並べると変化がわかりやすいですね!
ファッションカラー加減法は白髪が浮き目立っていますが、ヒカリナスは白髪のなじみが維持されています。

検証の結果、1ヶ月経過相当で白髪のなじみがいいのはヒカリナスでした!

最後に:ヒカリナスは単品1つで理想の白髪染めができるサロンの救世主!

いかがでしたか?
ムーランエムーランを利用したことないサロンは無料でお試しできるそうですよ!
▼専用お試しお申込みフォーム
https://m-moulin.jp/cp/naturedeep/

今回ヒカリナスの商品の特徴解説や検証を行いましたが、感想としては純粋に作業効率が上がりそう!
単品一つで理想のカラーが仕上がるという点で、スタッフの技術レベルのバラつきもなくせますね。

カラーについては、ベージュベースとはいえブラウン味がある分、絶妙ななじみを維持してくれており、白髪に悩む世代にハマりそうです。

ぜひチェックしてくださいね!