ブリーチ剤×オキシ3%・6%の明るさ検証!オキシ3%と6%でどの程度リフト力が変わるのか?

どうもKAMIUです。ブリーチ剤2剤のオキシ濃度3%と6%でどの程度リフト力が変化するのかご存ですか?そんな疑問を実際に今回検証をしてみました!

ブリーチ剤のオキシ濃度とは?何%まであるの?

日本で使われる2剤のオキシ濃度は

  • 3%
  • 6%

の2つが主流ですよね!オキシ濃度が高くなるにつれてダメージが多くなり、それに比例して明るくするパワーも高くなります!

ダメージを少なくするには、過酸化水素濃度の違いによる2剤の使い分けが重要です。
なので、毛先などの損傷した部位には低い濃度の2剤が適していると言われています。

【動画有り】実際にオキシ濃度3%と6%に分けて毛束に塗料してみた!

用意したブリーチ剤・2剤・その他の道具

ブリーチ剤と2剤、ハケ、毛束を用意!
それでは検証していきます!

STEP.1 ブリーチ剤を適量測る

毛束が少ない為、今回は6g使用

STEP.2 2剤を適量投下

ブリーチ剤1と2剤を2の比率にするため今回は12g使用!

STEP.3 ブリーチ剤と2剤で混合液を作成

よく混ぜ合わす事でムラが無くなります!

STEP.4 毛束に塗布をしていく

ムラが無くなるように塗布。

STEP.4 ラップを巻いて15分放置

メーカー推奨時間放置。(今回は短く15分)

結果:オキシ濃度が高いほど色味が明るくなるのがはっきりと分かる

左の毛束がオキシ濃度6%で、右の毛束が3%です。
もうぱっと見で色が違いますよね。。。スケールに合わせてみました。

*右がオキシ6%左が3%

左がオキシ濃度3%で右がオキシ6%です
オキシ濃度3%と6%が違うだけでカラーレベルに1ぐらいの差が出ているという結果に!

今回15分とメーカー推奨の30~40分よりも極端に短い時間でTryしたので、次回は推奨時間でやってみたいですねー。

動画にもしたので是非ご覧ください。

最後に:オキシ濃度3%から6%になるだけでリフト力が変わる

今回の検証いかがでしたか?実際にオキシ濃度が3%から6%に上がるだけでカラーレベルが1も上がる結果になり驚いています。(放置時間が短かったのは気になりますが、、)

カラーレベルが1変わるだけでもかなり後の施術が変わってきますからね。。

同じ放置時間でこのような結果になったという事はもう少し放置時間を長くすればもう少し、リフト力は高くなるということが分かると思います。

次回は3%のブリーチで6%程度のリフト力を出すにはどの程度の放置時間が必要か、、検証してみたいです。

いやぁこんな変わるものなんですね。。

コメント