ホットペッパーSEOで成果を上げるならまずSEOについて理解しよう!

こんにちは!美容室経営者の方はホットペッパーに広告を出している人が多いと思います。ただ効果がなかなか出なかったりして御悩みの方のためにSEOの仕組みをある程度理解した上でホットペッパーSEO対策について解説していきます。

なぜホットペッパーは検索上位表示されるのか?

出典:https://www.flickr.com/

Googleで美容室を検索すると必ずホットペッパーのサイトが上位表示されています。これは一体なぜなのでしょうか?その理由をGoogleの仕組みと共にどのメディアよりも詳しく解説していきます。

SEOとは?

SEOとはsearch engine optimizationの略で日本語訳するとシステムエンジン最適化と言います。

Googleは広告をGoogleに出したい会社からお金をもらって広告を作成して、Google検索した人が読む記事やサイトに広告を貼って読者に認知させるビジネスモデルになります。インターネット広告市場はものすごい勢いで伸びていて、広告を出す企業もどんどん増えています。一般的ではないかもしれませんが、検索エンジンというのはYahoo!などたくさんのものがあります。その中でGoogleの検索エンジンをユーザーに使用してもらうためには、検索結果の上位に読者が求める情報を表示させる必要があり、そのためにGoogleは日々改善を行って進化をしています。20年程前は多くに検索エンジンがありましたが、ユーザーが求める情報をいち早く表示してくれるGoogleが勝ち残りました。

GoogleはKWごとに上位に表示させるサイトの基準を変えています。例えば「戦国時代の歴史」と検索する人の検索結果の一覧には戦国時代の情報についてより多くの情報を網羅している記事が上位に上がるでしょう。一方「東京 天気」「プロ野球結果」と検索する人は最新の情報が知りたいでしょうから最新情報、新しく更新された記事を上位表示します。古い情報は上位されることはありません。

ホットペッパーはなぜ上位表示される?

以上SEOの仕組みを大まかに理解するとホットペッパーのサイトがなぜGoogleの検索で上位表示されるのかが理解できます。「美容室 東京」で検索するとホットペッパーのサイトが1位と2位を独占しています。実際にサイトを見てみると東京都にある美容室がどこのサイトよりも多く表示されています。これはKWに対する情報量が多いサイトを上位表示させることをGoogleが基準として設定しているからこのような検索結果となります。

また紙媒体が主流だった時期からの実績があるためホットペッパーの認知度は高いです。検索した人がホットペッパーのサイトを多く訪れそれをGoogleが評価したため、現在のような検索順位になったのだと予想されます。

結果としてリクルートのSEO対策は成功していると言えます。

ホットペッパーSEOとは?

ホットペッパーSEOとはGoogleなどの検索エンジンで検索したときにホットペッパーのサイト内で特定のサロンのページを上位表示させることです。「エリア 美容室(美容院)」「駅名 美容室(美容院)」などのニッチワードで検索した場合にホットペッパー内で上位表示させることで集客します。

これはGoogleの検索アルコリズムの元にホットペッパーの検索順位が決まるという仮説から来ています。

効果がでた人もいるそうで美容師の間で流行っているやり方です。

 

ホットペッパーSEO対策するなら本を買おう

ホットペッパーSEOをする場合にはSEOに精通した本を購入してそれに沿って対策をしましょう。SEOはやり方を間違えると悲惨なことになってしまいます。SEOに関するインターネットの情報は乱立しており、どの情報に信憑性があるか判断が難しいです。SEOに関しては情報を知っているか、その情報が正しいかどうかが決まります。本を執筆する人はSEOを仕事にしているので信頼性が高い可能性大です。著者によって若干内容が違ってくる場合がありますが、大きく違ってくることはありません。自分で判断できないときは実験して検索順位を確認しましょう。くれぐれもぺナルティとなる行為はしない方がいいです。後々後悔するきっかけとなります。

SEOにある程度精通していないと上位表示させることは難しいですが、ニッチワードだと競合サイトが少ないので本などを買ってきて少々の対策をすれば上位表示させることができる可能性があります。またエリアを特定したニッチワードで検索する人はビックワード(検索する人が多いKW)に比べて目的がはっきりしていることもありより来店してくれる可能性が高いのです。

ホットペッパーがいない領域で勝つしかない

これだけホットペッパーが検索順位を独占している以上はホットペッパーがいない領域で対策するのが賢明です。Googleはビックワードでは、企業の公式サイトだったり、twitter、アマゾンなど多くの人が訪れるポータルサイトを上位表示させる傾向にあります。多くの人が訪れるサイトは利用者が多い、ユーザーにとって価値のあるサイトとGoogleが判断していると予想されます。また検索順位はクリック率にも大きな影響があり、1位のサイトと3位のサイトではクリック率が変わってきますのでアクセス数にも大きな違いがあります。

ビックワードで1、2位をホットペッパーが独占しており、その下にはこれまた楽天などのサイトが順位を追っている以上、ホットペッパーがいない領域でKW選定、SEO対策をするのが賢明でしょう。

これからのSEOとは?

出典:https://www.flickr.com/

これからのSEOは単純に読者の知りたい情報を他の記事よりも網羅しているかどうかによって決まりますし、その傾向がより強まっていくことも予想されます。

オリジナルコンテンツの重要性も増していくものと思われます。他のメディアと中身が大きく変わらない記事よりも独自の見解を記事に入れている記事の方が評価が高まっていく傾向にあります。

文字数もSEOでは非常に重要な要素を占めています。一般的に文字数を増やししてもSEOにはあまり効果がないと言われていますが、一度アップロードをした記事をリライトして文字数を増やすことで結果として情報量が多くなり検索順位が上がります。ただあまりにも文字数が長すぎたり、文字数だけ稼いでいるような記事は読者が記事を読み終えずに別のページに離脱してしまって記事を評価を下げることになります。

記事の信憑性というのも大事な要因です。2016年にDenaが運営するメディアが大きなバッシングを受けて閉鎖しました。様々な理由があるのですが、問題となった原因のひとつに肩こりの記事があります。肩こりでお悩みの方は肩こりの原因と対処法を知りたいはずです。Denaの記事には肩こりの原因と対処法についても執筆していましたが、肩こりの原因は幽霊かもしれない?といった非現実的な内容も記載していました。常識的に考えればありえないのですがgoogleの検索では「肩こり 幽霊」と検索する人も一定多数います。Denaはそのような信憑性の薄い内容を記述していて問題となりました。

SEOの未来というのは語ることが難しいです。ただ確実なことはGoogleがユーザーファーストの記事を検索結果の上位にあげることを目的としている以上、そのような読者目線で詳しく執筆されたものが重宝されていくということです。

ただ検索順位を決める際は基準が必要ですので、客観的、科学的な面からのアプローチを考える必要があります。タグに関連KWを入れるなどがそれに当たります。これをリクルートはやっているから強いともいえます。現状ではタグにKWを入れる必要度はとても高いですがGoogleも進化を遂げていますので、内容を理解できるようになり、効果も薄れていくことが予想されます。2017年9月現在でもタグにKWが入っていなくても上位表示されているような記事はKWの内容を相当に詳しく執筆していたり、KWと関連のある内容、読者心理を突いたものを執筆しているなど工夫が見られます。

 

まとめ

ここまでgoogleのアルコリズム内でホットペッパービューティーが上位表示されていることを考えるとホットペッパーの掲載順もGoogleのアルコリズムに影響を受けているのではないかという仮説を前提にホットペッパーSEO対策についても解説していきましたがいかがだったでしょうか?

SEO対策は自社サイトを制作する際も大いに役立ちますのでこの記事がお役に立てることを願っています。最後までお読みいただきありがとうございました。

さらに、KAMIUの[email protected]なら人気記事を3分でいっきに読めます!

  • ・業務用ブリーチ「23種」徹底検証&ランキング
  • ・業務委託サロンの収益シミュレーションやってみた
  • ・美容室ディーラーさんが美容室を開業して29店舗展開している話

など限定記事を含めた配信を行っております!
友達追加してすぐに読めるので、お気軽に[email protected]ご登録お願いします!各種ご相談も承っております♪

友だち追加

たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記[email protected]より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

全般
KAMIUをフォローする
KAMIU ~集客から面貸しまで美容師向け総合メディア~

コメント