【保存版】注目のカラー剤「スロウカラー」とは?4つの特徴と実際の仕上がりを画像付きで紹介!

最新トレンドであるカラー剤「スロウカラー」(THROW COLOUR)とイルミナカラー(ILLUMINA COLOUR)。どちらも流行のアッシュ系(灰色っぽい色)で赤みを抑えた外国人風ヘアカラーを再現できるカラー剤として人気ですよね。

では、スロウカラーとイルミナカラーの違いをお客様から聞かれたときになんとお答えしていますか?

今回はスロウカラーの特徴や仕上がり、イルミナカラーとの違いについて詳しく解説します。

従来ならば、赤みの強い日本人の髪をアッシュ系に染めようとするといちどブリーチしてから染めなければならず、お金と時間がかかり、そして髪のダメージも半端ないものでした。しかし、新しく開発されたイルミナカラーならばブリーチなしで、染めることができ、ツヤ髪を再現できるのが特徴です。

一方スロウカラーは従来のヘアカラー剤なのですが、透明感のある仕上がりに染め上げることができます。
いったいスロウカラー、イルミナカラーとはどんなヘアカラーなのでしょうか?ご紹介致します。

スロウカラーとは?特徴&チャート表、イルミナカラーとの違いを解説

スロウカラーに大きく4つの特徴があります。これを見れば、アッシュ系カラーに挑戦したいお客様にスロウカラーとイルミナカラーのどちらをお勧めすれば良いのか等が分かります!
是非参考にしてみてくださいね。

人気の理由は?スロウカラー4つの特徴

(引用:株式会社B-ex公式サイト)

それではまずはじめにスロウカラーの特徴からご紹介致します。

特徴①独自のベースカラーが髪の赤みを減らす

スロウカラー(THROW)は、株式会社 b-exが発売したカラー剤です。最大の特徴は、「究極のアッシュ」をコンセプトとし、日本人の髪の特徴である「赤み」を極力削って抑えてくれる点。流行のアッシュやマット系カラーに多い寒色系の色味を引き立ててくれますよ♪

暖色系もお手の物で、スロウカラーなら、派手になりがちな暖色系カラーも、赤みを抑えているので、よりナチュラルに仕上がります。

特徴②髪の内部から透明感ある発色

スロウカラーの魅力と言えば、透明感のある発色と言えるでしょう。

髪の内部から発色するWater Rich Cream処方、2種類のデュアル・シルク・コンプレックス配合で、髪のキューティクルを保護し、ツヤとしなやかさがある髪に仕上げてくれます。

このスロウカラーで染めた髪は、光によって見え方が変わり、特に夏場には高彩度の明るい色がおすすめ。また、風が吹いた時にも髪の1本1本の表情が変わります。

特徴③ケア成分配合で髪に優しい

また、5種のオーガニックオイルや8種のボタニカルエッセンスを配合しており、髪に優しい処方です。

1剤で水分を最大限に配合し、油分を極力減らしているので、そのため酸化染料やアルカリ剤の髪への浸透を抑えます。染料が水分に乗って髪の内部まで浸透し、髪の内部からクリアに発色してくれます。

特徴④幅広いカラーチャート

 

スロウカラーのカラーチャートには3種類があります!

  • アッシュカラーを中心に微妙なニュアンスカラーを実現する「ファッションカラー」(全10種、43カラー)
  • 白髪と黒髪のコントラストを調節し、柔らかく馴染む「マージカラー」(全4種、10カラー)
  • 白髪をカバーしながら自然でスタイリッシュな仕上がりの「コンフォートカラー」(全6種、36カラー)

(引用:株式会社B-ex公式サイト)

ファッションカラーは、まるでパステルのようなシアーな色の層を重ねていくことで、透明感と歪みを両立させ、軽やかな髪を演出。一方、コンフォートカラーは従来のような赤みのあるブラウンではなく、こげ茶に近いブラウンとブラックチャコールを掛け合わせたものを重ねていくことで、透明感と深みを生み出し、美しい寒色を表現してくれます。

また、スロウカラーのカラーチャートの中でも、「ファッションカラー」の流行としてはブルーアッシュ、マットシアーベージュ、ピンク、モノトーングレイッシュ、ブラウン、ナチュラル、イエローベージュ、新色のヴァイオレットが挙げられます。

(引用:株式会社B-ex公式サイト)

マージカラーは、白髪染めに配合している黒褐色系染料を最小限に抑え、代わりにシアーブルーベースで設計。

透明感のあるやわらかな色みで黒髪とのコントラストをなくし、白髪を自然になじませます。

(引用:株式会社B-ex公式サイト)

コンフォートカラーも白髪と黒髪のコントラストを整えてくれるカラーです。
白髪染めのイメージを払拭するニュアンスカラーが揃っていて、アッシュブラウン、ナチュラルブラウン、ベージュブラウン、マットブラウンなどが年代問わずおすすめですよ。

イルミナカラーとの違いは?

イルミナカラーは、ヘアカラー剤の老舗メーカーであるウエラ(WELLA)が開発した、カラー剤でスロウカラーと並んで現在トレンドとなっています。

そんな2つのカラー剤「スロウカラー」と「イルミナカラー」ですが、正直一般の人から見たらそれほど違いが分かりません。

ただ、美容師さんのプロ目線で見れば、次のような違いが挙げられます。

  • スロウカラーはやや明るく、まろやかな色、透明感のある仕上がり
  • イルミナカラーはより深みがあって、濃い色、ツヤツヤな仕上がり

どちらもとてもいい感じに仕上がるため、どちらにするかはその人の好みにかかっているようです。

ただ、コスパ的には断然「スロウカラー」が優れています。ほとんど見た目がわからないので、透明感にこだわる人はスロウを選択するでしょう。深い暗めの色が好きな人は、暗めの色がきれいに染まるイルミナカラーがおすすめです。

スロウカラーのメリット・デメリット

それでは、スロウカラーにはどんなメリットやデメリットがあるのかをご紹介致します。

スロウカラーのメリット

スロウカラーのメリットはなんといっても「透明感」のある仕上がりになるということです。イルミナカラーでは、つやのある髪に仕上がりますが、それよりもスロウの透明感のほうを選択する人も多いということは、とても魅力的なカラーに染め上げることが出来るのです。特に明るいカラーに染めるのに適しています。

色の深みは色味・彩度、透明感は明るさ・明度ですが、同時に作るのはとてもむずかしいことだったのです。それをスロウカラーでは実現することができます。

また、従来のカラー剤は1本80gの容量なのに対して、このスロウカラーは100g、コスパは料金に反映できますので、とても経済的だと言えます。

スロウのデメリット

実はスロウカラーはイルミナカラーのように髪を傷めずに染められる画期的な発明ではなく、従来からあるヘアカラーなのです。

どちらもアッシュ系に染めることができますが、日本人の黒髪をアッシュ系に染めようとすると一度ブリーチをしていました。こうして、いったん髪から色を抜いたあとにスロウカラーを入れるととてもきれいに染まるからです。

しかし、髪をブリーチするのは、ダメージを与えてしまうのも事実です。イルミナカラーはその点が改善されており、従来のようにいったん髪をブリーチすることなく、アッシュ系に染められるように開発された技術なのです。

残念ながらスロウカラーはそうしたブリーチレスな技術は採用されていないため、一度ブリーチした後でカラー剤を入れることが現在でも推奨されています。

さらにスロウカラーのデメリットとして、「色落ちの早さ」があります。せっかく気に入った色に染め上がっても、その色は長くは続きません。スロウカラーに限らず、外国人風カラーは日本人の髪では色落ちが早いようです。

でも、スロウカラーは、その色落ちの過程もおしゃれになるように設計されているとしか思えないヘアカラーです。

スロウカラーでのおすすめカラーを画像付きで紹介!

スロウカラーを使ってカラーリングすると、本当に透明感のある究極のアッシュが楽しめます!
ここからは、スロウカラーの中で今特に人気の色味を画像付きで紹介!

「アッシュ」「グレージュ」などクールビューティーに仕上がる寒色系カラー

赤みを抑えて360度どこからみても透明感あるアッシュカラーとなっています。
暗めのお色でも、内側からクリアに発色するので、重くならなくて良いですよね。

こちらは毛先のみブリーチをしてグラデーション風に…!
透明感のあるグレージュカラーが、外国人っぽくクールにキマリます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@rena_hair_colorがシェアした投稿

モノトーンカラーも、スロウカラーで染め上げればこんなに美しく仕上がります。
どんなシーンにもマッチする落ち着いた髪色の中に、クリアな輝きによってトレンドも演出できていますよね。

 「ピンク」「バイオレット」など柔らかい印象を与える暖色系カラー

スロウカラーの暖色系のお色は、もともと赤みを抑えているため、派手にならずに自然な仕上がりに…!大人の女性でも挑戦できるピンク系カラーが素敵です。

こちらのラベンダーがかったブラウンも、大人の女性の魅力を引き立ててくれるカラーです。
柔らかな雰囲気に仕上がっていて、アッシュ系とはまた一味違った良さがありますね。

白髪にも効果あり?スロウカラー「コンフォート」ならスタイリッシュに仕上げます

トレンドカラーだけでなく、スロウカラーでなら白髪も自然にカバーしてくれるのです!
コンフォートカラーには、白髪染めとは思えないニュアンスカラーが揃っていて、スタイリッシュな髪色で白髪を自然に馴染ませてくれます

話題のスロウカラーなら様々なトレンドカラーを楽しめる!

いかがだったでしょうか?最新のヘアカラー剤のトレンド、スロウカラーの魅力についてお届けしてきました。

スロウカラーは、美容メーカーのモルトベーネが開発した従来からあるカラー剤です。
優しい臭いのカラー剤で、オーガニックオイル、ハーブエキスなども配合しており、まろやかで透明感のある染め上がりに仕上がるところが魅力的。

一方、スロウカラーと比較される事が多いイルミナカラーは、美容メーカーのタカラベルモントが開発したものです。
従来なら一旦ブリーチしてからアッシュに染めていたものを、ブリーチなしでもきれいにアッシュに染まるように開発された技術で、深みのあるきつめで濃い色に染まります。
スロウカラーに比べ、施術中の臭いもきつく、施術中もつけ心地はあまり良くありませんが、こちらのほうは透明感のある仕上がりというよりもツヤのある髪に仕上がります。

どちらも染め上がりは一般の人の目ではそれほど差がないですが、美容師のプロの目で見ると、スロウカラーの透明感には、他のカラー剤ではかなわないものがあり、定評があります。

結局どちらを選ぶかは、カラーをする本人の好みの部分が大きく、透明感を重視するか、深みやツヤを重視するかによって異なります。
しかし、どちらも、赤みを抑えた外国人風のきれいなアッシュ系の色に染め上げることができますので、一度体験してみられることをおすすめします。

また、スロウカラーの幅広いカラーチャートなら様々なトレンドカラーを満喫できるので、是非お気に入りのカラーを発見してみてはいかがでしょうか?

スロウカラーについて詳しく、他のカラー剤に関しても知りたい方は、ぜひKAMIUの[email protected]を追加してください♪