【新登場】ミルボンから新カラーブランドの『エノグ』が登場!2022年6月10日発売。

どうも、KAMIU編集部です。
今回ご紹介する内容は、ミルボンから登場する新カラーブランド「エノグ」についてです。
ミルボンの新カラーブランド「エノグ」は2022年6月10日に発売されます!

それでは、どの様なカラー剤が発売されるのかを特長等と共に見ていきましょう。
その他にも下記に関連記事を貼っていますので、気になる方はこちらもご覧ください。

■関連記事
【新商品】ミルボンからエルジューダのブリーチケア セラム/ジェルセラムが登場!5月20日発売!

【新登場】ミルボンからリニューアルした人気トリートメントグランドリンケージをご紹介!21年2月9日!

ミルボンから新登場のカラーブランド『エノグ』

見つからないなら、つくればいい。
ずっと探し続けていたこの世界にまだない色!
こだわりのデザインを創ることが出来るヘアカラーブランド eNOG。
どんなアンダーや素材にも、絵の具ように計算しやすく、唯一無二の「色(TINT)」が創れるラインナップで登場します!

エノグのラインナップ別のポイントをご紹介!

それでは早速、新カラーブランド「エノグ」のポイントをご紹介していきます。

アルカリカラー

その①自由自在に色調をコントロール

補色やブラウンを使わない彩度の高い染料構成で、MIX時にも濁らずきれいに発色します。
また取材と助剤をバランス良く配合することでMIXしても狙い通りの発色を実現しました。

色ごとにバラツキのある発色速度を整えるスピードバランステクノロジーが色調をコントロールしやすくし、狙い通りの発色を実現との事です。
さらに、素材状態の違いによる発色ブレも抑制し安定感のある発色を叶えます。

その②アルカリダメージを低減

TPコンプレックス配合により、カラーによるアルカリダメージ耐性が向上しました。

その③フローラルフルーティーの香り

カラー残臭とも調和する香調設計で、施術中もカラー後も心地よいフローラルフルーティーの香りになっています。

いやぁ、フローラルフルーティーの香り凄く良いですよね、、

塩基性カラー

続いては塩基性カラーのポイント3選をご紹介していきます!

その①ミニマルな染料設計で、絵の具発想の色づくり

厳選された3原色によるミニマルな染料設計なので、エノグの発想で直感的なMIXが可能です。
また、補色時に色ブレもなく綺麗に抜けていきます。

その②アルカリカラーと好相性

使用しても色味を損なうことなくカラー表現の幅をアップします。

その③毛髪補修成分でブリーチ毛をケア

毛髪の密度と強度を高めるミルボン独自の毛髪補修成分MX-CMADKを配合し、強度が低下し切れ毛を起こしやすくなったブリーチ毛をケアします。

『エノグ』のラインナップ

続いてはエノグのラインナップをご紹介していきます!

アルカリカラー (スタンダードライン)

色相・明度・彩度コントロールの基軸となるラインです。
明度・彩度調整の軸となるブラウン・モノトーンと、クリアで高彩度な7色相、14ライトナーで構成されています。

テクスチャーパレットライン

スタンダードラインやプレイラインを薄めながら質感をコントロールするラインです。
・クリア:ノンアルカリ
・ホワイト/ベージュ/グレー:低アルカリ(5レベル相当)

グレイブースター

透明感や色味を損なわずに白髪をなじませるグレイ対応アイテムです。
スタンダードラインとMIXし白髪率20%までの素材に対応します。

プレイライン

ハイトーンアンダーに対して鮮やかな色味を表現するラインです。
ビビットからベールまで幅広い表現が可能です。

塩基性カラー

単品やアルカリカラーとの組み合わせで、さらなる高彩度表現が可能です!
アルカリカラーとの相性が良く、絵の具感覚で色づくりができる塩基性カラーです。

塩基性カラー気になりますよね、、!

ミルボンの『エノグ』のカラーチャート


エノグのカラーチャートは上記です!

凄いカラーの豊富さです!

最後に:ミルボンから登場の新カラーブランド「エノグ」でカラーを楽しもう

今回の記事いかがでしたでしょうか?
ミルボンから2022年6月10日に発売される新カラーブランドをご紹介していきました。
いやー、、エノグ凄く多くのカラーラインナップで色構成が豊富でした。
個人的にも気になる、このエノグぜひご使用してみてはいかがでしょうか!
下記にミルボンの関連記事を貼っていますので、こちらもご覧ください。

■関連記事
【新商品】ミルボンからエルジューダのブリーチケア セラム/ジェルセラムが登場!5月20日発売!

【新登場】ミルボンからリニューアルした人気トリートメントグランドリンケージをご紹介!21年2月9日!

以上、KAMIU編集部でした。