【保存版】アシスタントからフリーランス美容師になれる?やるべきこととは。

この記事では、フリーランス美容師とはどんなものか、アシスタントとの関係を含め紹介します。

そもそもフリーランス美容師とは?

男性美容師の画像

フリーランス美容師は特定の組織に所属せずに働く美容師のことで、下記の2タイプがあります。

業務委託型

美容室と業務委託契約をして働くタイプで、必要な道具の準備や集客はお店が行い、施術を美容師が担当します。

正社員に業務内容は近いものの、働く時間や日数を自分で決められるのがメリットです。運営資金をお店が持つ分、美容師の取り分は完全独立と比べて低くなる傾向があります。

面貸し型(シェアサロン)

サロンの施術スペースを借りて働く方法です。道具・薬剤の準備や集客、会計など全て美容師が行いますが、取り分は高くなる傾向があります。

業務委託とは違い飛び込みのお客様の施術はできませんが、自身に集客力のある美容師なら収入アップが見込めます。

アシスタントからフリーランス美容師になることは可能なのか

明るいサロンの画像

キャリアアップを目指してアシスタントからいきなりフリーランス美容師になるケースはあります。ただし成功するには下記のような実力が必要です。

業務全般を1人でこなせる

フリーランス美容師は施術以外にもさまざまな仕事を行う必要があります。施術全般がこなせるのはもちろん、お金や時間の管理、宣伝・集客、お客様対応などさまざまなスキルが必要です。

自分で集客ができる

特に面貸しのフリーランス美容師の場合、自分にお客様がつかないと仕事ができません。SNSの活用やHP・ブログによるセルフブランディングや、独立前にお客様との関係を築くなど、営業力・集客力が必要です。

自己管理ができる

フリーランスは働き方が自由な分、場所探し、お金とスケジュールの管理、税金や確定申告など、自己管理能力が求められます。

番外編:フリーランス美容師にアシスタントは必要か

ヘアアイロンの画像

フリーランス美容師でもアシスタントがいることによって業務効率を上げることができます。

その上で、アシスタントの給料を美容師自身が払うのか、お店やシェアサロンとの契約になるのか、どういった雇い方になるかが重要になります。

さらに、KAMIUの[email protected]なら人気記事を3分でいっきに読めます!

  • ・業務用ブリーチ「23種」徹底検証&ランキング
  • ・業務委託サロンの収益シミュレーションやってみた
  • ・美容室ディーラーさんが美容室を開業して29店舗展開している話

など限定記事を含めた配信を行っております!
友達追加してすぐに読めるので、お気軽に[email protected]ご登録お願いします!各種ご相談も承っております♪

友だち追加

 

独立開業独立開業コラム
KAMIUをフォローする
KAMIU [カミーユ]

コメント