【KAMIU特典有】逆説の経営プロジェクトのご招待。客単価1.5万、リピート率75%超えの集客戦略。新規参画サロン&フリーランス美容師様募集!

「一人サロン、フリーランス、その先の一手が見つかっていない」
今回、PR記事なんですが、対象は上記+下記のような方とのことです!

  • 美容室経営をしているが、集客、求人で次の一手が見つかっていない
  • フリーランス美容師をしているが、次の一手が見つかっていない
  • 1店舗経営していて、売上が横ばい。経営が心配である

名付けて逆説の経営プロジェクト。
以前KAMIUの[email protected]でも先日流したPRと同じ内容になるので、ご了承ください。

一人サロン、フリーランス美容師の悩み「その次の一手」

一人サロンや一店舗経営だと下記のような悩みが起こりがちというのが美容業界です。

集客面では、一人サロンやフリーランス美容師だと「ホットペッパーは高い、ミニモは客単価が安い」という両極端な構造。
求人面では、QJとリジョブは高すぎるし、独り雇ってもすぐ辞めそうという状況。

このような状況でうまく「次の一手」が見つけられていないオーナーさんやフリーランス美容師さんも多いのではないでしょうか。

では、理想の美容室経営のサイクルとはどのようなものでしょうか?

解決するのが、逆説の経営プロジェクトの仕組みです。高単価新規客x高リピート客の呼び込みで経営の安定化を。

では、理想の美容室経営のサイクルとはどのようなものでしょうか。
下記に書いてみました。

一人サロンの場合「媒体」に頼ろうとするとコスパが合わない問題に衝突しやすい

店舗拡大には、まずは集客サイクルの確立が必須ですね。
そして、ホットペッパーなどに依存しない高リピート率×高単価で集客できるサイクルを確立すること。

集客サイクルを確立することで、求人の受け皿ができます。
そこで求人し、集客サイクルに再現性があるか確認。

集客、顧客基盤を構築し、採用につなげる。その連続性が美容室の経営。

再現性があるようであればどんどん求人すればするほど顧客基盤が強化され、強力な収益体質になります。
ではこれを美容室オーナーが独自で行うにはどのようにすればよいのでしょうか?
パートごとに見ていきます。

逆説の経営プロジェクト 資料請求&問い合わせはこちらから

解決策その1【集客】:高単価×高リピート率の新規売上集客のチャネルを作成する。

一番ここが難しいポイントだと思います。ホットペッパービューティーでええやん?という声もありますが、媒体依存だと下記のような事が容易に起きるのです。

シンプルな経営だと「模範・模倣」の難易度が低く、美容師さんの独立ロープレと化してしまっていることも。

競合の増加、美容師の独立問題ですね。。媒体にお金を出せば集客は出来るので独立が容易ということ。
そこで必要なのが模範されない新たな集客チャネル、ブランディングの確立です。
具体的には下記のような感じ。

事業の複雑性・ブランド価値を高め、独立するよりも残ったほうが良いという仕組みを構築する

広告ではなく、ブランド価値で集客していくという方法。めちゃくちゃ難しそうですよね。。
また、マーケターを活用して、ホットペッパーやミニモ以外の媒体で広告を打っていくという方法。個人だと難しそうですよね。。
今回の逆説経営プロジェクトでは、ここの解決策を提示していきます。

解決策その2【既存客の固定化】:「ブランドサロン」という価値。売上軸を施術以外にも展開する。

では、集客を媒体に依存させず、雇用した美容師さんを長期的に働いてもらうにはどのようにすればよいのでしょうか?
解決策は、仕組み化とブランディングの2点が鍵になります。

仕組みかとブランディングが勝利の鍵

仕組み化する上で「ブランド」は強い価値になります。
ブランドとして価値を持つことで、他の商品も売れるようになり、独立するよりもブランドを活かした方が良い→離職率の低下というサイクルが生まれます。

個人店でブランドを作ろうと思うとかなりハードルが高いもの。美容師としてプレイやーしながらOEM業者さんとのやり取りはかなりハードです。
逆説の経営プロジェクトでは、独自のブランド展開も支援していきます。

解決策その3【求人】:スタッフを雇用する

最後に求人です。ここまで話した人は「そこまでできたら求人もうまくいくでしょ!」と思ってしまうかもしれません。
実は全然そうではないんですよね、、美容室の1~2のサイクルは達成したが求人はどうもうまくいかない、、というオーナーさんも多いと思います。

これは何故か?下記に図解化してみました。

求人をしようにも、メガ求人媒体だと「大手サロン」の広告費が圧倒的すぎてリーチが伸びない

つまり求人も、集客と同様にマーケティングとブランディングが重要になるんですよね。。

結局うまく集客サイクルが仕上げられていても、美容師さんとの接点が持てなければ採用はできません。
一方で求人してサイクルが回るかも不透明となると、求人サイトへの費用も投資しづらいという状況。

逆説プロジェクトでは求職者に直接リーーチ。媒体に依存しない求人支援を行う。

マーケターがいればQJやリジョブへの費用は0円で済みますからね。
媒体依存ではなく求人でも別アプローチをしていく、それが逆説経営プロジェクトです。

実際に現状どうなの?モデル店舗紹介と求人の推移を図解化してみた。

下記がモデル店舗の売上推移です。新規の売上しょぼいなーと思いますよね。
この新規集客が積み上がっていくのが本取組の特徴です。

新規売上のみで見るとさほど大きくない数字か

リピート率が75%で毎月23.7万円分の集客をすれば、半年後にはリピート売上+新規売上で100万円を達成します。
この仕組みの再現性を高め、雇用した人に任せていくのが経営です。
このサイクルが出来れば2店舗目、3店舗目の出店も可能になってきます。

積み上げていくと6ヶ月目には100万円弱となる。これを繰り返す事が美容室の経営

また、従来の美容室経営スタイルですと、オーナーさん依存で売上が変動しやすいという課題がありました。この状態だとオーナーが倒れたりすると美容室経営は立ち行かなくなります。

今回の逆説プロジェクトを行うことで、新規客→リピート客の獲得が仕組み化されているので、Xヶ月経てば採用が黒字化すると見えやすくなるんですよね。

下記の様なイメージです。

集客、求人などマーケター技能が必要な部分は本部が行う。

また従来では行いづらかった美容室としての「売る製品の確保」、「新規集客の仕組み」化が本部が行うことで美容室オーナーは経営パッケージに乗っかるだけで新たな展開がしやすくなるという優れた取組です。

また求人に関しても下記が過去の美容師さんからの問い合わせ数の推移。
一人サロンだったらパンクしちゃう感じですよね。。

累計の求人相談件数。求人も強み。

集客、求人をマーケターが行うことで、サロン経営は圧倒的に変わります。
他のメリットも実はあるとのことです。公開できないとのことで、問い合わせくださいとのことです。

逆説の経営プロジェクト 資料請求&問い合わせはこちらから

よくある美容室経営の質問&ご相談ケース

よくある質問の内容をまとめてみました。

他社の似たようなフランチャイズに加盟しようと思っているが、初期費用が高かった!逆説プロジェクトは?

よくある他社さんと弊社の比較が下記になります。

よくあるフランチャイズの費用との比較。フランチャイズに加盟するくらいの便益を得られる。

逆説プロジェクトの場合は、全体の売上ではなく寄与売上のみの手数料なので非常にお得。
また、初期費用や月額固定費も不要なのでノーリスクチャレンジが可能です。

独立を考えているが、同時にご支援頂くことは可能か?

もちろん可能です。

既に10店舗経営しているが、参画可能か?

今回のプロジェクトは、あくまで一人サロンオーナー、小規模サロンオーナー、フリーランス美容師様向けとなっておりますので、チェーン店様の参画は不可となっております。

一通り読んでみたけど、いまいちピンと来ない!結局何をしてくれるの?一言か二言で教えてほしい。

一言でいうと、美容室のマーケティング支援+仕組みづくり支援です。
ホットペッパーやミニモなどの集客媒体に依存しない仕組み。
リジョブやQJなどの求人媒体に依存しない仕組み。それらを提供していくのが本プロジェクトです。

美容師として経営+プレイヤーとして生きるのではなく、「経営の任せられる部分は外部にまかせて、成長していこう」というプロジェクトになります。
通常は経営の要である集客、求人を自らで全て行うのが経営、、と思いがちですが、そうではなく、集客・求人の主たる部分を本部に任せてしまうといういわば逆説的なアプローチが今回のプロジェクトになります。

申し込みからプロジェクト参加の流れ

本プロジェクトはKAMIU向けにオリジナル展開して頂いております。
ぜひ、ご興味ある美容室オーナー、フリーランス美容師様は下記より問い合わせくださいませ。
KAMIU特典もあるとのことなので、ぜひ!

逆説の経営プロジェクト 資料請求&問い合わせはこちらから

1エリア1サロンの展開とのことで、既に埋まってしまっている場所の場合は予めご了承くださいませ。

コメント