【保存版】シャンプー台の工事費用から取り付け方法まで徹底解説!おすすめの設置業者も紹介。

美容室を始めるにあたって必要になるのがシャンプー台です。
サロンの規模にもよって取り付ける台数は変わってきますが、設置の際には配管工事などを含めて大掛かりな作業になります。
この時、気になるのが工事費用や設置方法です。
シャンプー台にもいくつか種類があり、種類によって工事費用や設置方法が変わってきます。
今回はシャンプー台の工事費用から設置方法までまとめて徹底解説します。

美容室のシャンプー台の取り付け方法とは?種類別に紹介

美容室のシャンプー台の種類と一緒に取り付け方法を紹介します。

美容室のシャンプー台にはどんな種類があるの?

シャンプー台

美容室のシャンプー台は基本的に次の3種類に分けられます。

  • サイドシャンプー……お客さんの横に立って髪を洗うシャンプー台
  • バックシャンプー……お客さんの後ろに立って髪を洗うシャンプー台
  • フルフラット……フルフラットにできるシャンプー台

サイドシャンプーは洗面部分が壁にくっついているタイプで、お客さんの横に立ってしっかり髪を洗えます。
バックシャンプーは洗面部分が壁から離れているため、お客さんの後ろから集中してシャンプーできるのが特徴です。
最後のフルフラットタイプのシャンプー台は、お客さんがリラックスした姿勢に慣れるため、ヘッドスパなど長時間の施術に向いています。

シャンプー台の種類ごとの取り付け方法は?

シャンプー台の設置方法

上記で説明したようにシャンプー台は基本的に3種類あります。
中でも取り付け方が変わってくるのが、洗面部分が壁にくっついているタイプくっついていないタイプの2パターンです。
また、洗面部分が壁についていないタイプはシャンプー台ごと移動できるタイプ移動できないタイプの2パターンに分かれます。

上記を踏まえて、取り付け方法は次の3パターンに分かれます。

  • 洗面部分が壁についているタイプ
  • 洗面部分が壁についていないタイプ(移動不可)
  • 洗面部分が壁についていないタイプ(移動可能)

設置方法としては、3パターンとも必要なのが配管に取り付ける作業です。
配管工事は排水管・給湯・給水・ガスを使えるようにする作業になります。
洗面部分が壁についていないタイプの場合、配管が見える形になるため床下に通したり、カバーを付けて配管部分を隠すケースがあります。
また、配管工事をするための床上げ工事も同時に必要です。

シャンプー台の取り付けにかかる工事費用は?業者ごとに違う?

シャンプー台の取り付けにかかる大まかな工事費用やおすすめな業者について説明します。

シャンプー台の設置にかかる工事費用はどのくらい?

シャンプー台の工事費用

まず、シャンプー台の取り付けにかかる費用はシャンプー台(シャンプーボウル、ユニット、シャンプー椅子)+工事費になります。
工事にはすでに説明した通り、水道管や排水管などの配管工事などが必要です。
シャンプー台は平均して一式50万円前後です。
工事費は配管工事や床上げ工事などまとめて10万円~20万円程度になります。

また、シャンプー台の取り付け自体はシャンプーボウルやユニットなどの部分ごとに費用が掛かることが多いです。
取り付けのみなら1万から3万程度です。
シャンプー台の種類の違いだけでは、ほとんど取り付け費用は変わりません。

その他にシャワーホースや排水金属など、シャンプー台に付随する設備を設置する際は別途に料金がかかることが多いです。
また、業者によってはシャンプー台の取り付け作業のみは受け付けていないこともあるので事前に確認しておきましょう。

取り付け費用は業者ごとに違うの?

シャンプー台の取り付け業者

工事にかかる費用は業者ごとに相場が違います。
また、シャンプー台の取り付けをしてくれる業者は様々です。
シャンプー台の取り付けを行う業者は、水道業者だけでなくリフォーム業者、工務店などがあります。
業種や業者によって費用は変わってくるため、事前に見積書を作ってもらうのがおすすめです。

シャンプー台の取り付け工事におすすめなのはどんな業者?

シャンプー台の取り付け業者

シャンプー台の取り付けのみを頼む場合、おすすめなのがシャンプー台を購入した工務店です。
シャンプー台を購入したお店の取り付けサービスを利用する場合、少しお得になる事もあります。

ただし、シャンプー台の設置や増設のみの工事はあまりおすすめできません。
理由としては、設置途中で水漏れが起こった場合に原因が分かりにくいためです。
水漏れ事故が起こった際、原因がはっきりと分からないと余計なトラブルに繋がります。
そのため、シャンプー台の取り付けのみの作業は受け付けていない工務店やハウスメーカーもあります。

美容室を改装したい!シャンプー台を取り外す費用はどのくらい?

美容室を改装する際にかかるシャンプー台の取り外しの費用について説明します。

シャンプー台を取り外す費用はどのくらい?

シャンプー台を取り外す費用

シャンプー台の取り外しも大体、取り付けと同じように1万から3万円程度です。
取り外しは取り付けとは違い、シャンプー台の処分の仕方によっても価格が変動します。
シャンプー台を無料で引き取って処分してくれる業者もあれば、買取してくれる業者もあるので事前に調べるのがおすすめです。

シャンプー台の取り外しは取り付けと同じ業者がおすすめ?

シャンプー台の取り付け取り外し業者

美容室を改装する場合、取り外し後に新しいシャンプー台を取り付けるケースがほとんどです。
その場合、取り外しは新しいシャンプー台を取り付けてくれる業者に頼むのがおすすめです。
一貫して頼むことで設置作業中にアクシデントが起こっても、スムーズに対応してもらえます。

また、前回シャンプー台を取り付けてもらった業者もおすすめです。
取り付け時に問題なく作業してもらった業者なら、取り外し時にトラブルになる可能性も低いです。

シャンプー台の配管工事はどのくらいの値段になる?

大抵の場合は配管工事とシャンプー台の取り付けは同時に行います。
配管工事の費用はどのくらいなのでしょうか?詳しく説明します。 

シャンプー台の配管工事の平均的な費用は?

配管工事の費用

配管工事は設置するシャンプー台の台数によっても費用が前後します。
また、シャンプー台を使用するには給水・給湯・排水の設備が必要です。

  • 給水配管施工……3万円前後
  • 給湯配管施工……4万円前後
  • 排水配管施工……4万円前後

あわせて11万円前後が平均的な費用になります。
これに、給湯器設備がない場合はガス給湯器やエコキュート、電気温水器設備などの費用が加算されます。

上記の工事は1台分あたりの工事費です。
シャンプー台を設置する場所の広さや台数、作業員の人数によって費用は変動します。
また、美容室の場所や設置場所によっては配水管の深さや長さが変わると費用も変わってきます。
他にも地域差もあるため、上記の値段は参考程度にとどめて実際に見積を出してもらうのがおすすめです。

配管工事も業者ごとに費用が違う!事前に見積書を確認しましょう。

見積書の確認

配管工事もシャンプー台の取り付けと一緒で業者ごとに費用が変わってきます。
これは、見積の出し方や一つ一つの工事費用の違いなどによって価格が変わるのが理由です。
見積は無料の業者がほとんどのため、いくつかの業者の見積書を比べて工事を頼むのがおすすめです。

まとめ:シャンプー台を設置する前に業者ごとの見積を比べるのも大切!

美容室の開業や改装を考えるとき、シャンプー台の設置や工事の費用は安いものではありません。
業者ごとに価格が変わってくることが多く、一つの業者の見積だけを見て頼むのはおすすめできません。
まずは、いくつかの業者に見積を出してもらい、しっかり落ち着いた状況で見積書を比べてみるのも大切です。

さらに、KAMIUの[email protected]なら人気記事を3分でいっきに読めます!

  • ・業務用ブリーチ「23種」徹底検証&ランキング
  • ・業務委託サロンの収益シミュレーションやってみた
  • ・美容室ディーラーさんが美容室を開業して29店舗展開している話

など限定記事を含めた配信を行っております!
友達追加してすぐに読めるので、お気軽に[email protected]ご登録お願いします!各種ご相談も承っております♪

友だち追加

 

全般
KAMIUをフォローする
KAMIU [カミーユ]

コメント