【決定版】美容室を開業時に必要なものとは?保健所申請に必要な備品と最安サイト3選ご紹介!

どうもKAMIUです。今回は美容室を開業する際に必要な物をご紹介していこうと思います。
備品リストなど使って手順よく調査する事も可能になっているので是非手順よく準備できる様に開業前までに予め計画を練るようにしましょう!
では記事の本編を早速見ていこうと思います!

美容室を開業する際に必要なものとは一体何?

美容室を開業するにあたって開業は美容師の腕だけではできません。
チェアやシャンプー台など様々な機材や備品が必要になってきます。
カットするための椅子やシャンプー台はもちろん、大きな鏡や、ヘアカラーやパーマをする際に使用する薬品や他にもレジ周りに必要な備品やインテリアで使用する家具など、美容室特有の道具以外にも、幅広い分野で必要なものが存在することが分かります。
買い揃えたいものを備品リストなどを作成をし、リストアップしたらどのくらいの費用がかかるのか、見積もりも出してみるのが開業する際におすすめとなるやり方となっています。

開業時に最低限必要な備品リスト

美容室のシャンプー台のフリー写真素材 | ニューファクトリー

・スタイリングチェア    ・シャンプー台
・デジタルパーマ用機器   ・ボイラー
・ワゴン          ・加温器
・ドライヤー        ・ヘアアイロン/コテ
・お客様用ドリンク冷蔵庫  ・オーディオ

シャンプー台やカット台など大型の機器は美容室になくてはならない基本的で必要なものとなっています。
他にもセットの台やスタイリングチェア、ドライヤー、デジタルパーマ用の機器などがあります。
その多くの器具や薬剤、ヘアオイルなどを乗せるワゴンも必要なものとなっています。
シャンプー台やカット台といった大型の機器は、美容師向けのインターネットの通販の「美通販」や「ビューティーガレージ」などでも購入する事ができます。
アウトレットなどを利用する事で新品に近い状態で安い物を揃えることができます。
最初は中古で使用する事でかなりコストが抑えられるのでおすすめとなっています。
また、通販ならば配達までしてもらえる為、回に出向く必要が無いため準備に忙しい時には是非活用したいですね。

ハサミ、シャンプー、カラー用品

ヘアサロン・美容室のハサミ | フリー素材ドットコム

・コーム類    ・シャンプー  ・リンス
・トリートメント ・ヘアダイカップ・パーマ剤容器
・はけ      ・ダッカール  ・スプレイヤー
・パーマロッド  ・スティック  ・ロッドアウト容器
・タイマー    ・計り     ・イヤーキャップ
・ペーパー    ・パーマゴム  ・タオル
・アルミホイル  ・コットン   ・保護クリーム
・各種薬剤    ・ゴム手袋

また、美容室ではシャンプー台などの大型機器だけではなくハサミやシャンプー、リンス、トリートメント、カラー剤やパーマのための薬剤なども開業までに揃えておく必要があります!
その他にもパーマロッドやパーマ剤やカラー剤を入れる容器・スティックやコーム、ハケなど多くが必要なものとなっています。タオルも必要となっている為レンタルタオルなどを借りることをおすすめします。
パーマ液やカラー剤は、常に新しいものや改良された物がその都度半波されるため、当面必要な分だけ揃えて、様子を見ながらその時々でベストなものを仕入れるようにすると良いのではないでしょうか!

保健所申請時に必要な備品リスト

・ティッシュ   ・トイレットペーパー ・蓋付きゴミ箱
・電球      ・石鹸/ハンドソープ   ・メスシリンダー
・美容雑誌類   ・事務用品
・ミラー     ・ハンガーラック
・ハンガー    ・観葉植物
・ゴミ箱     ・ほうき/ちりとり
・傘立て     ・ボトル
・ティッシュカバー・照明
・カーテン    ・出入り口用マット
・マガジンラック ・ブランケット
・待合室用チェア/テーブル

他にも消耗品や備品は多数存在します。ゴム手袋やアルミホイルはもちろん、パーマ用のゴムからコットンやイヤーキャップなどお客様一人一人使い捨てで使用します。その他にもお客様に出すドリンクやティッシュなども、消耗品に含まれる為、定期的に補充が必要となっています。 ドリンクを出す場合には、食器や冷蔵庫なども必要になってきます。
他にもカットした髪を掃除するホウキとチリトリなどの掃除道具や、冬場にはコートを預かるハンガーやラック、雨天時の傘立て、何種類かの美容系雑誌や待合スペースを作るなら椅子なども必要となっています。
以上のように美容室開業には、細かい備品や消耗品などが必要なものとして挙げられます。
開業前にイメージしていた店舗になるように消耗品や大型機器など必要なものを揃えるようにしましょう!

美容室 開業時までに必要な提出書類とは?

届出・申請先条件届出書類届出期間
保健所必須開設届開業予定の10日前までに届出が必要
医師の診断書(結核、皮膚疾患についても記載した物で発行後3ヶ月以内の物)
構造・設備の概要(平面図)
従業者名簿
美容師免許証 (全員)
施設の位置図
手数料
外国人の場合は外国人登録証明書(法人の場合は登記簿謄本)

上記の書類が美容室を開業するまでに保健所へ提出しなければいけない書類となっているようです!
届出期間が開業予定の10日前までに必要とのことなので十分注意して届け出を出してください。
また任意での提出ではなく必須な提出物となっているようです。

美容室系の備品が安く買えるサイトはどこ?3サイトをご紹介!

ビューティガレージ

ビューティガレージ【公式】 | 理美容/エステ/ネイルのプロ向け美容商材の卸通販

なんとビューティガレージさんお取り扱い商品数134万点以上も有るということでかなり豊富になっていますよね。また、送料ではお買い上げ4,000円以上は送料・代引手数料が無料になるらしく4,000円未満は代引手数料がかかるとの事です。

ビューティーガレージさんの特徴として中古やアウトレットの機器や器具を取り扱っているのが大きな特徴の1つ。全国にショールームが8箇所もあるので、直接確認も出来ます。

価格帯も比較的安く今回ご紹介す3つのサイトの中で最安値ではないでしょうか!

美通販

新規会員登録について ご利用ガイド

美通販さんの取扱商品数は285万点以上になっています。
しかもお買い上げ30,000円以上は商量が無料となっており、10,000円〜30,000円未満は送料がかかるとの事です!
その他にも送料無料パスポートや小物の場合は82円便などのサービスも展開しているようです。

美通販の特徴としては、1986年創業の美容室通販の先駆けとなった会社になっています!
価格帯は総合的にビューティーガレージに劣りますが商品数がなんと行っても多いのがこの美通販です!探してる商品などが見当たらない場合は是非美通販を使ってみてはいかがでしょうか?

セブンエステ

セブンエステ全商品の取り扱いを終了いたします | プロ向けネイル用品卸のネイルパートナー【店舗・通販】

セブンビューティーは、エステ・まつ毛・ネイルといった美容系や理美容、鍼灸などを含んだプロ専門商材から、一般の方からでも購入が可能なホームケア用の商品まで取り揃えております。その数なんと約10万点!

セブンエステはリニューアルしたばかりのサイトとなっており現在2980円以上のお買い上げで送料無料になるキャンペーン中との事です!

最後に:美容室開業に必要な備品チェックリストを作ろう。

美容室開業時にはやはりチェックリストなどを作成して備品が足りているのかなどを確認したほうが良さそうですね。
必要になる備品の数も多いためできるだけリストなどを作り有効活用しましょう!

チェックリストイメージ

上記のような備品購入のチェックリストを[email protected]で配布しております!お気軽にお声がけください

最後に:美容室開業時には必要なものをまとめた備品リストを作成

今回の記事いかがでしたでしょうか?やはり必要な書類や備品、大型機器など多くの必要なものが存在しており、開業時に揃えなくてはいけないものが多数あるため備品リストなどのチェックリストを活用するようにしましょう!
また保健所への提出書類も必要となっているため時間があるときに早めに書類を提出するようにすることをおすすめします。

コメント