【比較】エンシェールズ唯一のオレンジ系カラーバター マンゴーオレンジを徹底検証!使い方や頻度・口コミなど!

どうも、KAMIUです!今回はエンシェールズから発売されている話題のカラーバターについてご紹介していきます!
今回紹介するカラーは唯一のオレンジ系カラーバターの「マンゴーオレンジ」です!
どの様な色味なのか早速見ていきましょう!

そもそも話題のエンシェールズ カラーバターとは?メリットなどを解説!

エンシェールズのカラーバターとは?

カラーバターとは塩基性カラーやカラートリートメントのことでエンシェールズの製品名がカラーバターとのこと!
トリートメントの為、通常のカラー剤よりもダメージが少なく、髪をいたわりながらカラーできるのが魅力となっています!
ピンクやパープルなどの派手色にイメチェンしたい時はもちろん、アッシュの色落ちを防ぎたい時にも使用することが可能になっています!

そもそもエンシェールズ カラーバターのメリットとは?

塩基性薬剤全てに言えることなのですが、カラーバターには髪を明るくする脱色要素はなく、
髪の表面に付着するだけなので色変えがしやすいというメリットがあります!

短期的な色変えが出来て落ちやすいので黒染めとかにも結構良いって言われていますね。

ではエンシェールズのカラーバターはどの様な髪の明るさにおすすめ?

以下のような髪色の方たちにおすすめです!

  • エンシェールズのカラーバターが入りやすいベースの髪の毛の明るさ LV18レベル~くらい
  • ブリーチで黄色みが残ったくすみのあるベース

今回の検証ではLV19~20レベルの毛束を利用致しました!

【話題】エンシェールズのオレンジ系カラーバター「マンゴーオレンジ」を検証してみた!

実際にエンシェールズマンゴーオレンジをご用意しました!
マンゴーオレンジはエンシェールズのカラーバターのオレンジ系で唯一の色味となっています!
因みに似た色合いでイエロー系カラーバターのネオンイエローがあります!

step1.カラーバターを毛束に塗布

早速用意した毛束にエンシェールズのカラーバターを塗布していきます!

step2.塗布後10分放置

 

塗布完了後色味を入れるため放置時間を10分置きます!

step3.水洗い&ブロー

10分経った後水洗いをしドライヤーで乾かしていきます!
*水洗いよりもシャンプーの方が良い

この際に流し台などにカラーバターが付着すると色が落としにくくなるので注意が必要です!

完成.エンシェールズカラーバター「マンゴーオレンジ」

オレンジ系カラーバター「マンゴーオレンジ」の完成です!
管理色味の濃いオレンジなのが写真を見て分かるのではないでしょうか!

エンシェールズのマンゴーオレンジをご紹介!

エンシェールズから発売されているカラーバターでオレンジ系のカラーは1つしかないです!
そのカラーが今回実際に検証した「マンゴーオレンジ」です!

エンシェールズオレンジ系カラーバター唯一の「マンゴーオレンジ」

 

実際に写真の右の毛束が今回染めたマンゴーオレンジの毛束になります!
左の元の毛束に比べるとかなり黄ばみが取れカラーが入っているのがわかると思います!

マンゴーオレンジは、かなり濃い感じにオレンジの色味が入っています!
オレンジの色味は1色しかエンシェールズから発売されていないとのことです。
毛束の元の黄ばみも消えてかなり存在感のあるカラーなのではないでしょうか。

エンシェールズのカラーバターはドンキで入手可能?どこで買うのがおすすめ?

エンシェールズのオレンジ系カラーバターはドンキやアマゾンで購入可

ドンキに実際に見に行った所かなりの種類置いてある模様です!

続いてはアマゾンで調べてみました!

アマゾンにもエンシェールズのカラーバター「マンゴーオレンジ」の製品を取り扱っている模様!

カラーバターはアマゾンで買うよりもドンキで購入したほうが安い!?

*価格は変動する場合が有ります。

エンシェールズで唯一のオレンジ系カラーバターの「マンゴーオレンジ」はドンキ価格だと2667円なのに対してアマゾンでは3880円とドンキよりも高いという結果になりました!
カラーによって価格変動するため一概にアマゾンよりドンキの方が安いというわけでがないみたいです。。

最後に:明るい印象に変えるカラーバターマンゴーオレンジ

いかがでしたか?かなり明るいカラーになっておりイマージも明るい印象になると思われます!
ブリーチ毛に使うと黄色寄りのビビッドナなオレンジ変わります!
しかもブラウンヘアの上から使うとふんわりオレンジブラウンを楽しめるとのことです!
気になる方は是非チェックしてみては如何でしょうか!
以上、KAMIUでした!

コメント