ついに全自動の散髪ロボットをアメリカ人Youtuberが自作!その仕上がりは。。だけど可能性が感じられる結果に。

どうもKAMIUです。各メディアでも報じられていますが、アメリカ人YoutuberのStuff Made Here氏が全自動のカットロボットを開発したとのこと。
動画は下記です。

仕組みは、丸い穴に首を突っ込み、そこの周りをロボットが回りながらカットするような仕組み

引用:Youtube


こんな感じで首を突っ込むとロボットがカットを開始するような仕組みです。

仕上がりは、うーん…だけどフロントとサイドはそこそこOK。後ろ髪はほぼカット出来ず。

仕上がりは★2点とのこと。

引用:Youtube

理由は後ろ髪部分。ほぼカット出来ず長いまま残っています。

引用:Youtube

前から見るとこのような感じ。そこそこ切れてる感じはしますが、やはり人間にはまだまだという感じです。
しかし、ロボット化が難しいと言われていた「カット技術」。すでにここまでいけてるとなると少しこわいですよね。。

引用:Youtube

是非動画も見てみてください

動画はこちらから御覧ください。全編英語ですが、見てるだけでも結構面白いです笑

いやー、下記のツイートで紹介したみたいなVRアプリが出ていたり、、

美容室業界も「次のIT化」が3年後くらいには来そうな感じがしていますね。
面白くなってきそうな予感です…!

コメント