男性美容師の異業種の転職先はどこがある?詳しく解説!

こんにちは!男性美容師の方で異業種にも転職を考えている方多いと思います。男性美容師の方が転職を検討する場合の転職先にはどのようなお仕事があるのでしょうか?詳しく解説していきます。

男性美容師の異業種の転職先(美容師以外)

出典:https://www.flickr.com/

ここからは男性美容師の美容師以外の転職先について詳しく解説していきます。

不動産の営業

男性美容師の転職先として多く挙がるのが不動産の営業です。美容師を辞める理由として「稼ぎが少ない」というのが挙げられます。社会に出た男性にとって稼ぎというものは最も大事な要素となってきます。男性で稼ぎが少ないと結婚して女性を養っていくにしても苦しい思いをさせてしまうことになるかもしれません。

大人になると稼ぎが多いか少ないかで女性からのモテ度も変わってくるといっても過言ではありません。実際美容師は稼ぎが少ないお仕事です。平均年収は300万円弱で、スタイリストデビューしてからも25万円が最高といったケースがあります。また労働時間も長くいわゆる割に合わないお仕事だといってもよいでしょう。

そのような状況が続けば次第に給料への不満が募っていき、だんだん仕事をする基準がお金というベクトルに変化していきがちです。

不動産業界は未経験者からでも充分仕事をこなしていける職業です。最初は賃貸営業が多いですが実力をつけていけばマンション売買営業を手掛けることができて美容師時代には考えられなかった額の給料をもらうことができるでしょう。また営業はコミュニケーション能力が求められますので営業をすると抜群の実績をあげることができる場合もあります。

不動産業界は体力勝負な面がありますが美容師の方であればやっていけるでしょう。

アパレル関係

男性美容師の転職先として多いのがアパレル関係です。ファッション、美という面が美容師と共通するアパレル関係のお仕事は男性美容師の場合はスムーズに移行することができます。

アパレル関係といっても様々な分野があります。自分がやっていけそうな分野のお仕事を選ぶ必要があります。

結婚式の美容スタッフ

新郎・新婦を最高の形に仕上げる必要がある結婚式の美容スタッフは美容師の転職先のお仕事として知られています。花嫁のヘアメイクなど美容師としての業務が活かせる仕事です。

美容師程忙しくないのもポイントです。

マッサージ師

男性美容師の転職先として多いのがマッサージ師です。美容師の方はお客さんに肩ほぐしマッサージをすることがありますので馴染みがあるお仕事だといえます。

マッサージは資格がなくてもできますが、基本的にはあん摩マッサージ師になるには国家資格を取得しなければなりません。国家資格を取得するためには専門学校に通う必要があり、美容師を辞めて専門学校に入って資格取得を目指す人が多いです。国家資格があることで信用度も高くなります。

国家資格を取得したら病院などに就職します。年収は300万円~400万円と言われています。

その後実力をつけてあん摩マッサージ師として独立することが可能です。あん摩マッサージ師として独立した場合には美容師として独立するのと違って器材などを購入する必要がないためお金もかからなくて済みます。比較的開業しやすい職業なので競争相手は多いですが、高齢化などで体に不具合を抱えてマッサージ屋を訪れる人の数は多くなっていくと予想されますので需要はある職業でし、しっかりとした施術能力があれば信頼を集め儲けることも可能でしょう。

エステシャン

美容師の業務と親和性が高いお仕事としてエステシャンがあります。エステシャンは女性がするお仕事というイメージがあります。男性でもエステシャンとして活躍されている方はいらっしゃいます。頭皮マッサージなどは美容師としてのお仕事に含まれますのでエステシャンに転職してみてもスムーズに移行することができるでしょう。

サラリーマン

サラリーマンに転職する美容師もいます。学歴・簿記やプランナーなどの資格が求められる大手への転職は難しいですが、中小であれば雇ってくれます。また現在は会社も人手不足なので比較的すぐサラリーマンになることができます。サラリーマンになれば土日は休みですし、安定して給料も入ります。特に休みは美容師時代より遥かに多くの休みがありますので「早くサラリーマンに転職すればよかった」と後悔する場合もあるかもしれません。

美容室メーカー・ディーラー営業

美容室へのディーラー営業も転職先としてはうってつけです。美容室に美容品を売る仕事なので元々経験・知識が豊富な美容師にとってはおすすめのお仕事です。比較的スムーズに移行できます。

建築関係

ガテン系・現場仕事の建築系のお仕事も美容師の転職先が多い仕事です。力仕事が多く毎日クタクタになりますが、体をめいいっぱい使うお仕事なので爽快感があります。チームワークが求められる現場の人と仲良くなれば楽しく毎日を過ごすことができます。

まとめ

ここまで男性美容師の転職先としておすすめのお仕事を紹介してきました。美容師という仕事は専門職なのであまりつぶしが効かないお仕事だといえます。ただ若い年齢だと転職もしやすいです。自分を信じて次のステージに踏み出してみるのもよいかもしれません。最後までお読みいただきありがとうございました。

KAMIUでは美容師の方の相談も承っております。
こちらの[email protected]までお気軽にご相談くださいませ       

さらに、KAMIUの[email protected]なら人気記事を3分でいっきに読めます!

  • ・業務用ブリーチ「23種」徹底検証&ランキング
  • ・業務委託サロンの収益シミュレーションやってみた
  • ・美容室ディーラーさんが美容室を開業して29店舗展開している話

など限定記事を含めた配信を行っております!
友達追加してすぐに読めるので、お気軽に[email protected]ご登録お願いします!各種ご相談も承っております♪

友だち追加

たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記[email protected]より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

求人・転職
KAMIUをフォローする
KAMIU ~集客から面貸しまで美容師向け総合メディア~

コメント