美容室独立で失敗したくない物件探し!押さえておくべき探し方のポイント!

美容室を独立させる際に今の美容室だ働く方はほとんどいません。もちろん例外もあり、独立するもののオーナーが新たに店舗を開業するということもあります。しかしこうした例は稀です。

独立を決めた時に大きな問題として抱える悩みが物件探しですからね。ここで失敗してしまっては後戻りができないと言えるほど重要なポイントです。ですからなかなか決断できない点でもあります。

独立に向けて走り出したいのに、物件が決まらないと内装を考えることもできない…土地勘を掴みどのような集客方が最適なのかも考えにくい…物件が決まらないと進まないことは多いのですが、決断には勇気が必要です。

今回、物件探しが失敗の原因になることだけは絶対に避けるために共通して押さえておいて欲しい物件の探し方のポイントを紹介します。

物件の探し方が分からずに決めてしまうと美容室独立後の失敗の可能性は高まる!

美容室を独立させる方は増える中で、毎年多くの美容室が店を閉じます。そこにはさまざまな理由が考えられます。資金計画が徹底されていなかったことや、集客対策不足、中には働けなくなったなどの理由で美容室を手放す方もいます。

多くの方が経営が苦しくなってすぐに美容室を閉めているわけではありません。経営が傾き始める時期からいくつもの対策を取り入れて、立て直しを図ります。今では安定している美容室もこうした時期を乗り越え立て直しに成功しているのです。

考えるべきことは独立したからといって、夢が叶ったわけではなく、そこからたくさんの試練を乗り越え、美容室を維持していく信念を持つということですね。

しかし、どんなに踏ん張っても対処できないことがあります。その理由の1つに物件の悪さです。物件問題を出させるとどのように対策していいのか抜け道がなくなってしまいます。

移転なんてできるはずもなく、その場でなんとか維持していかないといけないのです。独立を考えた時に最も避けたい事態です。ですので物件探しを重要ポイント考え動きます。

予算との兼ね合いから物件の探し方が制限される

独立を考えていても、今の予算からどうしてもやっていけそうな物件を手にすることができないのであれば、まずは資金調達を優先することが一番です。

独立を夢見て走り出すと、どれだけ早くその夢を叶えられるかというところにばかり気持ちがいってしまいます。ですが独立してオープンしたら夢が叶うわけではなくそのお城を守ることが夢でその空間でどれだけ長く好きなことをできるかがあなたの夢です。

速さ勝負で明らかに妥協して選ぶ物件で独立を果たしても、独立後経営難に陥る可能性は大きくなります。今あなたを指名してくれるお客さんも全てのお客さんが新たにオープンする美容室に足を運ぶ保証なく、いかに新規顧客を増やせるかが勝負です。

しかし物件が悪いとなると戦う前に負けが決まる、負け試合ということになります。これから物件探しのポイントを紹介しますが、今の現状では納得できる物件で独立を果たせないと分かっている場合は、今は独立すべき時期ではないと割り切ることも大事です。

美容室独立後に失敗しないための物件の探し方

物件を探す時にまず考えるべきはあなたが求める客層を明確にしておくことです。できるだけ多くのお客さんに来店して欲しいのですが、集客対策を行う上で効率よく効果を高めるためにはターゲットを絞っておくことは大事です。

少し考えてみるとわかると思いますが、美容室に限らず、飲食店もアパレル店舗も客層はある程度決まっていますよね。それは同じモノ・同じ空間が好きた人が集まるからです。

中には少し違った雰囲気の方がいます。あなたの美容室にも一見足を踏み入れそうにないと感じる雰囲気の方が時に来店してくれるでしょう。こうした方にはその時の接客のスキルを存分に発揮し、大事な顧客の1人としてリピーターにしていけばいいのです。

しかしどんなスタンスなのかよく分からない雰囲気の美容室を作ってしまうと、どのような方法で集客数を上げられるかも分からなくなり経営に影響してしまいます。そこで物件の探し方として、あなたが求めるお客さん層が集まりやすい物件を求めるを根底に置いておきましょう。

美容室独立の際の物件の探し方の正解を見つけよう!

少し困惑している方もいるかもしれませんが、まずはターゲット層を明確にしてみてください。

【あなたの求めるターゲット層】

  • 年齢(詳細に20〜30代など)
  • 性別(女性の来店数を増やしたいのか?男性の来店数を増やしたいのか?)
  • ジャンル(OLや主婦、子育てママ、ギャルなど若者、サラリーマン、スポーツ選手)

こうした点をあげるだけでも、どの物件ならより多くの集客を集められるか分かりますよね。反対にここを無視して多くや客層を一気に集めようとしても生活スタイルも違えば、雰囲気も違う人たちが小さな空間を共有したいと考えるとはなかなか思えません。

実は一番重要と考え、足踏みしてしまう課題でもある物件探しですが、ターゲット層を絞ることで内装もイメージしやすくなり、さらに物件探しのヒントにもなります。

美容室独立後にたくさん迎え入れたいターゲット層を明確にすると物件の探し方は分かる!

美容室独立はやはり楽しみです。でもそこまでの道のりが長くて課題を解決していくことに疲れてしまいます。しかしどんな課題に対しても、あなたが独立した後の美容室を共に盛り上げて欲しいと考えるターゲット層を明確にすることで、たくさんの課題が解決します!

絶対に失敗したくない物件探しも同じです。きっとこんな場所を求めるだろうな…こんな雰囲気がいいだろうな…と考えると選択肢も狭まり夢の独立も楽しみが増えるでしょう。

あなたが独立を果たしオープンする美容室はあなたのお店ですが、そこにたくさんのお客さんが出入りしてくれることで夢の実現になります。お客さんもあなた自身も満足のいく最高の物件で夢を叶えてください。

何か分からないことがあれば、KAMIUは経営支援の[email protected]をやっております。
[email protected]
↑こちらの[email protected]まで気軽にご相談くださいませ。

さらに、KAMIUの[email protected]なら人気記事を3分でいっきに読めます!

  • ・業務用ブリーチ「23種」徹底検証&ランキング
  • ・業務委託サロンの収益シミュレーションやってみた
  • ・美容室ディーラーさんが美容室を開業して29店舗展開している話

など限定記事を含めた配信を行っております!
友達追加してすぐに読めるので、お気軽に[email protected]ご登録お願いします!各種ご相談も承っております♪

友だち追加

たった10分であなたの「適正年収」がわかる!
美容師の年収診断は下記[email protected]より!プチキャリア相談も♪
美容師スコア診断する

独立開業独立開業コラム
KAMIUをフォローする
KAMIU ~集客から面貸しまで美容師向け総合メディア~

コメント