【完全保存版】ティントバー (ビューティーエクスペリエンス)の発色&ブリーチ後の色抜けをガチ検証!

こんにちは、KAMIUです。

高発色カラー、最近需要が伸びていますよね。
特にアニメモチーフのカラーにしたい方も増えてきています。

今回は、そんな高発色カラーの一つである
「ビューティーエクスペリエンスのティントバー」の色味とブリーチ後のカラー残留度を
私たちで徹底的に検証してみました!

  1. ビューティーエクスペリエンス ティントバーとは
  2. ビューティーエクスペリエンス ティントバーの4つのこだわり
    1. 高彩度発色に設計された染料構成
    2. 髪の内側からクリアに発色する「water rich cream」処方
    3. 染料の浸透性を高める「higher penetration」成分配合
    4. 色をより鮮やかにみせる「gemlike gloss」成分配合
  3. ビューティーエクスペリエンス ティントバーのカラーチャート&レシピ
  4. ビューティーエクスペリエンス ティントバーの検証に使用したアイテムはこちら!
  5. ビューティーエクスペリエンス ティントバー、早速検証していきます!
    1. STEP1:カラー剤をきちんと計量し、混ぜる!
    2. STEP2:毛束に満遍なく塗って放置!
    3. STEP3:洗浄し、ドライ・ブロー!
  6. 検証結果1!ビューティーエクスペリエンス ティントバーの色味や発色力は?
  7. ビューティーエクスペリエンス ティントバーのブリーチ後の色抜けも検証!
    1. STEP4:ブリーチ剤を塗りたくる!
    2. STEP5:洗浄とドライ・ブロー!
  8. 検証結果2!ビューティーエクスペリエンス ティントバーの色抜けは?
  9. 今回の検証結果カラー別一覧
    1. ウルトラマリン
    2. パーフェクトシアン
    3. ジェイドグリーン
    4. サワーグリーン
    5. ラジアントイエロー
    6. タイガーリリー
    7. ローズヒップ
    8. ベリーベリーピンク
    9. ロイヤルパープル
    10. インディゴブルー
  10. ビューティーエクスペリエンス ティントバーの価格は?
  11. まとめ:ビューティーエクスペリエンス ティントバーは高発色&ブリーチ後の色抜けもよく使いやすそう

ビューティーエクスペリエンス ティントバーとは

スロウカラーなどを手掛けるビューティーエクスペリエンスから出ている「ティントバー」。
高彩度発色のみのラインナップのカラーブランドで、
次のカラーの時にも染めやすいアルカリカラーです。
香りは摘みたての花をイメージした「ハーバル&フラワー」。

ビューティーエクスペリエンス ティントバーの4つのこだわり

ティントバーが高発色を実現するためにこだわっている4つのポイントをご紹介します。

高彩度発色に設計された染料構成

ティントバーは、中間体染料よりもカプラー染料とニトロ染料の比率を多くする事で、
深さを出すというよりも彩度に重きを置いています。
そのため、色の鮮やかさを重視した染料構成になっています。

髪の内側からクリアに発色する「water rich cream」処方

「water rich cream」処方とは、1剤の水分割合を増やし、油分を減らします。
油分は毛髪への塗布のしやすさ、滑らかさを実現してくれますが、一方で
毛髪表面に膜を張り「酸化染料」や「アルカリ剤」の浸透を妨げてしまうのです。

そのため、油分はその利点を生かせる最低限に抑え、水分を多くする事で
染料の浸透性を高める作りになっています。

染料の浸透性を高める「higher penetration」成分配合

酸化染料の浸透をサポートする「higher penetration」成分を配合しています。

これは、毛髪内部への浸透力が高いCMC類似成分と浸透型アミノ酸を配合した物で
染料の定着を促し、均一な発色を可能にしてくれます。

色をより鮮やかにみせる「gemlike gloss」成分配合

「gemlike gloss」成分(クロスポリマー等)を配合し、
髪のごわつきを抑え、毛髪をまとまりやすくします。
これで光の乱反射を防ぎ、ツヤのあるより綺麗なカラーが完成します。

ビューティーエクスペリエンス ティントバーのカラーチャート&レシピ

全15色と豊富な展開のティントバー。
今回はその中でもグレイカラーとクリアを除く10色を検証しました

ビューティーエクスペリエンス ティントバーの検証に使用したアイテムはこちら!

では、検証の方に移っていきましょう。
今回検証に使用したアイテムはこちらです。

  • ブリーチ毛束
  • カラーカップ
  • 計量器
  • カラーリングブラシ
  • ラップ

ビューティーエクスペリエンス ティントバー、早速検証していきます!

さて、いよいよティントバーの色味検証に移っていきましょう!
ドキドキの結果が待ちきれませんね。

STEP1:カラー剤をきちんと計量し、混ぜる!

計量器できちんと測ってカラーカップに入れます。

そうしたら、混ぜます!

STEP2:毛束に満遍なく塗って放置!

混ぜ終わったら毛束にたっぷりと塗り、
ラップに挟んで放置タイムです。

今回は20分間放置しました!

STEP3:洗浄し、ドライ・ブロー!

20分経ったら、しっかりと洗い流して、
ドライヤーで乾かします。いよいよ結果が見えてきました!

検証結果1!ビューティーエクスペリエンス ティントバーの色味や発色力は?

やっとティントバーの結果が出揃いました!

いい感じで高発色ですね!
グリーンやオレンジ系が特に綺麗に染まっています!
割とダークな染まり具合のカラーが多いですね。

ビューティーエクスペリエンス ティントバーのブリーチ後の色抜けも検証!

では色味を検証したところで、次に染めた毛束にブリーチ剤を塗り、
カラー剤の残留度合いも調べていきましょう!

STEP4:ブリーチ剤を塗りたくる!

カラーカップにブリーチ剤を入れ、
それを先ほどの毛束に塗っていきます!

STEP5:洗浄とドライ・ブロー!

ブリーチ剤を洗い流し、毛束を乾かします。
ゆらゆら動く毛束たち、、なんだか可愛い。

検証結果2!ビューティーエクスペリエンス ティントバーの色抜けは?

それでは気になるティントバーのカラー残留度合いをみていきましょう!

こちらが元の毛束。


そしてこちらがティントバーのカラーの抜け具合になります。
だいぶ落ちているんじゃないでしょうか。

ティントバーのウリの色の抜け具合も伊達じゃありませんね!
これなら、次のカラーを入れる時も邪魔しません!

ただ、元々黄味がかっているタイガーリリーとラジアントイエローは、
ブリーチの抜け具合が少しわかりにくいですね。

今回の検証結果カラー別一覧

では、今回検証したカラーの毛束たちを、
カラーごとに分けてみてみましょう。

ウルトラマリン

パーフェクトシアン

ジェイドグリーン

サワーグリーン

ラジアントイエロー

タイガーリリー

ローズヒップ

ベリーベリーピンク

ロイヤルパープル

インディゴブルー

ビューティーエクスペリエンス ティントバーの価格は?

ティントバーの1剤は、サロン価格で90g 750円です。

まとめ:ビューティーエクスペリエンス ティントバーは高発色&ブリーチ後の色抜けもよく使いやすそう

いかがでしたでしょうか?
可愛いパッケージのティントバー。

染まり具合は高発色ながらも落ち着いた雰囲気のカラーが多い印象。
色抜けも良いので、次のカラーの際にも安心です!

コメント