【コラム】「えっ!フリーランス美容師は2023年には廃業!?」、QBハウスからメッセージ性の強い求人広告がTwitterで配信中。

どうもKAMIUです。毎度のことながらTwitterを眺めていたところ、大阪でシェアサロンを経営されているミニ四駆美容師、SHIMAJIROさんのTwitterから面白い投稿が..

フリーランス美容師が2023年には終わるという投稿。。
この時点では、シマジロウさん、なぜQBハウスなんだろう?と疑問に感じるKAMIU編集部。

下記が実際の広告です

メッセージ性が強い…この理美容師ニュースの正体を探っていきます..

ページが1枚だけの「理美容師ニュース」、その配信主はQBハウスだった

理美容師ニュースって知らないサイトだなと思い遷移してみると、、

ドメインはQBハウスさん。

サイトは1枚だけで、PRという記載が。社名はQBの親会社ですね。

つまり、これQBハウスさんの広告用ページでした。。
ページの末尾にも求人リンクが。

2023年にフリーランス美容師は終わるのか?

過去にKAMUIで書いた記事ですが、「インボイス制度でもフリーランス美容師は終わらない」と考えています。

【保存版】インボイス制度でも業務委託美容室は終わらない?業務委託サロンオーナー&美容師さん必見。インボイス制度について試算表を作って税務署に確認してみた。

恐らくフリーランス美容師さんの実際の収入への影響は5%程度、、それを上回るメリットがフリーランスや業務委託にはあるので、なくならないと考えています。
是非記事リンクも見てみてくださいね。

QBハウスさんの攻めた求人広告展開、めちゃくちゃ面白いなーと。。一体誰が考えたんでしょうか。。

コメント

  1. Invoice より:

    労基署や社会保険事務所は「業務委託美容師デース!」宣言という言葉で大丈夫ですね…逃げきれます。でも

    税務署には無力です..「実態判定」の前には言葉のお遊びは無意味です。
    しっかり否認されて、消費税と源泉徴収忌避2年分支払っていきましょう。QBのやり方はセコいですがほぼ言い当てていると思います。
    中堅業務委託会社の否認ニュースレベルでこのビジネスモデルは一気に終わります。既に今、建設業界では個人業務委託否認で賑わっています。