【作ってみた】カラー剤の2剤キャップは何故、回転式なのだろう?作業スピード約2倍になるキャップを作ってみた

どうもKAMIUです。美容室の2剤のキャップってだいたいパウチ型で、こんな形じゃないですか?

ふとした時に思ってしまったんですよね、これめちゃくちゃ時間かかってるじゃんって・・・
サロンによっては蓋を半分だけ締めていて、2剤キャップをこかしてこぼす。。。とかも結構あるあるなのでは。。

KAMIUで2剤の蓋を実際に作ってみた!カラー剤の配合がめちゃくちゃ早くなった..

今回、実はKAMIUで実際に設計からデザイン、製品化までやってみました。
作ってみたものが、こちら…!

どうですか?めっちゃ早くないですか?(言いたい)
はじめて3Dプリンターで作ってみたんですけど、作れるんだなーということで、過程を共有します。

こんなのあったらいいな~っていう製品アイデアも募集してるので、ぜひ下記からご応募ください!
アイデアを応募する

【STEP1】カラー剤2剤オキシの蓋のベストな形はどんなものだろう?醤油のボトルを参考にしてみた

カラー剤の2剤ってだいたい回転させる形式なんですよね。。なんて不便なんだ!


引用:Amazon

で思い浮かんだのはお醤油のキャップです。


引用:日本ペットボトルキャップ協会

こういう蓋だとめっちゃ開けやすいなと思ったんですよね。
早速デザイナーさんに相談してみました。

【STEP2】こんな感じでどうだろう?カラーの2剤を工業デザイナーに依頼してみた

デザインとかは書けないので、醤油キャップの写真を知り合いのデザイナーさんに共有。

なんと、「出来る」とのことで、デザインに起こしてもらいました‥!
ありがたすぎますね。。そして出来たデータを3Dプリンターで製品にしていきます。

【STEP3】3Dプリンターの会社に依頼して、デザインを製品にしてもらった

3Dプリンターは持っていないので、代行会社にご依頼させて頂きました。
届いた製品がこちら。。。

こんな感じの「考える」「デザインする」「制作する」の3ステップでできちゃいました。
ありがたい…ものづくり4.0という感じで、感動しました。

早さを動画で比較してみました!Youtube&インスタストーリー

早さを動画で比較してみました!Youtubeは1から再生で、インスタストーリーは比較部分のみ!
結果からいうと、

・通常キャップ:8.9秒
・KAMIUキャップ:5秒

と約半分のスピードで蓋を開けられました。たった3秒?と思うじゃないですか…
例えば月間1000名来店するお店だったとして、3秒の差が生むのは3000秒(50分)です。
年間でおよそ12時間の時間が削減できます。

同時再生の比較はインスタプロフィールのハイライトから!

ぜひ動画でも見てみてくださいね!

【アイデア募集!】美容室の働き方を変えるアイデア!

ということで美容室の働き方を変えるような製品アイデアを募集致します!
例えば、スツールのローラー部分が取れて髪の毛が取れる製品とか…(これは本当に欲しい)

下記URLよりご応募ください~!KAMIU Slackでのアイデアもお待ちしております!
アイデアを応募する。


※Slack(KAMIU読者の匿名チャットです)に入りたい方は[email protected]で、KAMIUオンラインサロン入りたいとご質問ください!

良い経験になりました!このキャップは今のところ世界に2つしかないので、大切に使っていきたいと思います…笑
もしこちらのキャップを導入してみたい方おられましたら、アイデア募集フォームから申し込み頂けると幸いです!

コメント