【注目】美容師が留学したい時はどこにいけばいい?

美容師が留学したいと考えたときどこにいくのがよいのでしょうか?

この記事では美容師留学のおすすめの街を紹介します。

美容師が留学したい時はどこにいけばいい?①ロンドン

Instagram
Create an account or log in to Instagram - A simple, fun & creative way to capture, edit & share photos, videos & messages with friends & family.

美容師が海外に留学したい時はどこに行けばいいか?美容師が留学先に選ぶ外国のNo.1はロンドンでしょう。なんといってもあの美容界では雲の上の大巨匠「ヴィダル・サスーン」のお膝元。

物価や家賃は日本同様、高いですが、街には超個性的な人がいて刺激的!目の保養にもなります。「ヴィダル・サスーン」のアカデミーもあって、世界中から美容師が集まってきます。2週間などの短期コースもあるので、興味のある人は行ってみてはいかがでしょうか?

また、ロンドンの就労ビザは取得しにくいため、長期滞在にはワーキングホリデービザで入国する人が多いようです。ワーキングホリデーを申請するには貯金金額が40万円以上必要です。またワーキングホリデーでは1年間しか滞在できません。

また、留学後に現地で働きたい場合は、まず日系の美容室がおすすめ。技術力はもとより「日本語がしゃべれる」ことがかなりアピールポイントになります。とはいっても、お客様はやはりイギリス人が多く、英語の会話は必須です。イギリス英語はクセが強く、アメリカ英語を学校で習っている日本人には、最初は英語に聞こえないこともありますが、慣れると大丈夫です。

美容師が留学したい時はどこにいけばいい?②ニューヨーク

Instagram
Create an account or log in to Instagram - A simple, fun & creative way to capture, edit & share photos, videos & messages with friends & family.

美容の留学といえば、ロンドン、パリが頭に浮かびますが、ニューヨークも負けてはいません。
まずニューヨークには「アメリカン・ビューティー」という美容学校があり、一部日本人の先生が日本語で授業をしてくれるというメリットもあります。美容師免許も取れるのが魅力で、エステやネイル分野でも働けるという夢のような資格です。ただし、ビザは別途になりますが、それをアレンジしてくれる会社もあるようです。

ニューヨークはとにかく人種のるつぼ。世界中からいろいろな人種が集まってきますので、いろいろなタイプの髪型を見ることができます。また、街の人も外国人がしゃべる英語をききとろうとしてくれますので、多少変な英語をしゃべってもいやな顔をされることもありません。

また、一流のブロードウェイミュージカルやアートなどもすぐそこにありますので、美的感性はつねにMAXにしておくことができます。

美容師が留学したい時はどこにいけばいい?③パリ

Parisさん(@topparisphoto)がシェアした投稿

Instagram
Create an account or log in to Instagram - A simple, fun & creative way to capture, edit & share photos, videos & messages with friends & family.

芸術の都であり、ファッションの震源地・パリ。当然、ヘア、メイクも最先端のものが学べます。住んでいるだけで、クリエイティブな感性が刺激される街です。当然数々の美容アカデミーなどもあり、短期コースから長期コースまでがあって、世界中から美容師が集まってきます。

また、家賃は高いので屋根裏部屋がおすすめ。でも高層階でもエレベーターがないところがほとんんどです。

また、フランス・パリは外食が高いのですが、サンドイッチやスイーツなどは安く、日本にはない食材などもあってその上、美味しい!さすがに食の都で、グルメも刺激されてしまいます。

フランスでは、やはりワーキングホリデービザを取るのがおすすめです。取得には、所持金調査があり、2,700ユーロ(約35万円)と格安です。

また、フランスでは英語は敬遠され、英語をしゃべらない人種と言われますが、こちらが英語しかしゃべれないとなると英語でしゃべってくれる人も多いようです。それに近年は、日本のアニメファンも多いため、日本語をしゃべれる若い人がいるのも助かります。

まとめ

いかがだったでしょうか。日本人美容師が海外に留学するにはどこがいいかについてご紹介致しました。上記の3国はいずれも日本よりも先進国で、美的感性を刺激されるところです。世界中から美容師が集まってきますので、比較的受け入れ体制もととのっており、滞在しやすいと言えるでしょう。

ただ、長期滞在となると、それぞれのお国柄があり、日本とはずいぶん違う場合も多いですので、徐々に慣れていくのがおすすめです。

さらに、KAMIUの[email protected]なら人気記事を3分でいっきに読めます!

  • ・業務用ブリーチ「23種」徹底検証&ランキング
  • ・業務委託サロンの収益シミュレーションやってみた
  • ・美容室ディーラーさんが美容室を開業して29店舗展開している話

など限定記事を含めた配信を行っております!
友達追加してすぐに読めるので、お気軽に[email protected]ご登録お願いします!各種ご相談も承っております♪

友だち追加

 

この記事が好きそうな方向けの記事一覧
美容師の仕事
KAMIUをフォローする
KAMIU ~集客から面貸しまで美容師向け総合メディア~

コメント